としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

受験生におすすめする参考書・問題集【化学編】

f:id:toshiki5911:20170909214451j:plain こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

私は現役の時受験に失敗しましたが、何とか一浪して京都大学工学部に入学することができました。

その時の経験をもとに、難関大と呼ばれる大学を受験するときのおすすめの参考書を紹介します!

今回は化学編です。

全てをやる必要はありませんが、どれか一つを徹底的にやってとことん理解するというのが受験の王道です。

理系大学受験 化学の新研究(三省堂)

これは特に理系大学の受験をする方に本当におすすめです!

なぜかというと、受験に必要な知識だけではなく、大学入学後、さらには社会人になってからも必要な知識をコラム形式で紹介してくれています。

自分が今後どのように化学の知識を使っていくのかなとイメージしながら学べるので、学習効果は大きいと思います。

また、知的好奇心をくすぐってくれる名著です!

これ一冊でも十分と考えていいと思いますが、もっと多くの問題を解きたいという方には、別の問題集を用意することをおすすめします。

チャート式 新化学(数研出版)

名門のチャート式。

丁寧に一つ一つが解説されており、参考書としておすすめです。

これ一冊を徹底的に理解すれば、どこの大学にも入れると思います。

ただし、参考書なので問題をたくさん解きたいという方には、別に問題集を用意することをお勧めします。

化学の良問問題集(旺文社)

物理の過去の良問を250問も集めた問題集です。

全範囲にわたって網羅されているので、これ一冊を徹底的にやりこめば、相当な化学力が付くはず!

開設も丁寧ですので、分からなかった問題もきちんと回答を見て理解することができます。

 

化学重要問題集(数研出版)

これも化学の過去の問題を多く掲載している問題集です。

解説があまり丁寧ではありませんが、多くの問題を解きたいという方にはおすすめです!

まとめ

あまりたくさんの参考書に手を出すと、そろえただけでやり切った感になってしまいます。

それではなんの力も付きませんので、どれか一つの参考書・問題集を徹底的にやりこんでください。

化学の知識は社会人になっても色々と使う場面が多いです。

また、石油開発会社でも使う知識ですので、石油開発をやりたいという方はきちんと理解しておいてください!