としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

いっぺん感じてみまい!香川県民のうどんへの誇りとムラ意識はすごいぞ!

こんにちは、自称香川県観音寺市観光大使のtoshiです!

先日、実家に里帰りしたとき、親戚から香川県民の県民性について面白い話を聞きました。

今回はそれを話題にします!

親戚からもたらされた話題

少し古い話になりますが、讃岐うどんで有名なチェーン店「丸亀製麺」が2012年、香川県に第1号店を出店しました。

しかし、そのわずか3年後の2015年に閉店してしまったのです。

インターネットで調べてみると、以下のニュース記事がヒットしました。

 

丸亀製麺・香川1号店閉店への地元の反応が、冷やしうどん並みに冷たい

http://j-town.net/kagawa/news/localnews/199241.html?p=all

なぜ丸亀製麺・香川1号店は閉店してしまったのか

記事内には以下2つの理由が記載されています。

①値段設定が高かったこと。

丸亀製麺の運営会社は神戸にあり、香川県民からすればよそ者だったこと。

記事内では①の理由を主に書いていますが、わたしが親類から聞いた理由は②であり、香川県民のムラ意識が大きく影響を与えたとわたしは考えています。   [ad#co-1]

香川県民のうどんへの誇りとムラ意識

わたしの両親、祖父母と話していても感じているんですが、うどんに対する誇りを強く感じています。

なので、うどんに対して美味しい、美味しくないのジャッジはとても厳しいです。

その強い誇りとともに、「香川県の会社ではないのに讃岐うどんの名を語るな」という異分子排除のムラ意識が重なり、今回の閉店につながったと感じています。

記事にも書かれてありますが、丸亀製麺に対する香川県民の意見がとても厳しいですね。

わたしの丸亀製麺に対する意見

わたしは東京在住であり、東京でおいしいうどんが安く食べられる丸亀製麺にはいつも感謝しています。

やっぱり東京で美味しい讃岐うどんが安く食べられるお店って、香川県出身者にとってとても貴重なんですよね。

丸亀製麺はうどんだけでなく、てんぷらもおいしいですし。

讃岐うどんチェーン店としては、丸亀製麺だけっでなく、はなまるうどんも有名です。

しかし、私は丸亀製麺派ですね。

はなまるうどんは、わたしにとっては、ただコシの強いうどんにしか感じられないんですよね。

丸亀製麺と比較して、てんぷらもあまりおいしくないですし。

最後に

わたしは香川県外に在住しているということもあって、丸亀製麺に対していい印象を抱いています。

が、しかしながら香川県民にとっては、よそ者だったということでしょう。

今回の出来事は、香川県民のうどんへの強い誇りとムラ意識が感じられる出来事だったと感じています。   [ad#co-2]   [ad#co-3]