としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【レビュー】ネットスーパー3社のメリット・デメリットを比較してみたよ!

f:id:toshiki5911:20170827221037j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

夫婦共働きで買い物に行く時間がとれない家庭では、ネットスーパーが買い物の選択肢として挙がってくるのではないでしょうか。

僕も買い物に行く時間がない時は、ネットスーパーで買い物を済ませたりしています。

今回は、ネットスーパー3社を実際に利用してみたので、各社のメリット・デメリットをまとめてみました!  

 

比較対象のネットスーパー3社

今回はネットスーパーとして有名な西友、コープ、セブンネットの3社を実際に利用し、各社のメリット・デメリットをまとめてみました!

 

西友のメリット・デメリット

西友はネットスーパーのSEIYUドットコムを運営しています。

SEIYUドットコムのメリットとしては、

  • 配達が日時指定できる。
  • 5,000円以上買い物をすると配送料(324円)が無料になる。
  • 西友のお手頃なPBである「みなさまのお墨付き」商品が購入できる。

また、SEIYUドットコムのデメリットとしては、

  • 商品が売り切れていて購入できないことがある。
  • 取り扱いの生鮮食品の種類が少ない。

西友‐SEIYUドットコムはコチラ!

 

コープのメリット・デメリット

コープは宅配サービスであるコープデリを展開しています。

コープデリのメリットとしては、

  • インターネット経由でなくとも毎週届く分厚い紙のチラシを見て注文できる。
  • 取り扱っている食料品の種類が多い。
  • 冷凍品を多く取り扱っているため、比較的年中同じものが購入できる。
  • 小学校入学前の子どもがいる家庭では、配送手数料(180円)が無料になる。

また、コープデリのデメリットとしては、

  • 配送の時間帯指定ができないので、受け取りができない可能性がある。
  • 魚や肉については冷凍品が多く、生の冷蔵品で届けられるものがない。

ネット経由でなくてもチラシを見て注文できるのは、ネット環境に不慣れな高齢者世帯を主として便利ですよね。

ただ、余計なお世話ですが、各会員の家庭に毎週チラシを配っていると、どれだけの印刷代がかかっていることやら・・・。

イトーヨーカドーのメリット・デメリット

イトーヨーカドーはネットスーパーのアイワイネットを運営しています。

アイワイネットのメリットとしては、

  • 配達が日時指定できる。
  • 6,000円以上買い物をすると配送料(324円)が無料になる。
  • イトーヨーカどーのPBである「セブンプレミアム」商品が購入できる。
  • 取り扱いの生鮮食品の種類が多い。
  • レシピから買い物に必要な食料品の検索ができる。

また、アイワイネットのデメリットとしては、

  • 商品が売り切れていて購入できないことがある。
  • 取り扱いの生鮮食品の種類が少ない。

僕はいつも決まったものを購入することが多いので、レシピから検索はあまりしませんが、献立を考えるのに困っている方にとってはありがたいサービスですね。

 

僕のネットスーパー利用法

僕の場合、SEIYUドットコムをメインとして、コープデリをサブとして利用しています。

SEIYUドットコムのPB商品「皆様のお墨付き」が安いこと、また、配送料が無料になる金額がアイワイネットと比較して安いことが理由です。

夫婦共働き世帯ですので、メインの買い物については、金曜の夜にSEIYUドットコムで一週間分の食料品とその他必要なものを注文し、土曜の夕方に届くように注文しています。

また、コープデリから毎週配布されるチラシを確認し、何か美味しそうなものがあれば都度注文しています。

そして、野菜やお肉など足りなくなったら、お家の近くにあるコープや通勤途中にあるコンビニでその都度買い足しています。

僕はスーパーに行って物を見るのが好きなので、週末にはスーパーに実際に行き、その時期旬なものは何か、どんな新鮮なお魚が並んでいるのか、安いものは何かなどを確認して楽しんでいます。

 

最後に

それぞれの家庭に合ったネットスーパーの利用法があり、また、それぞれの家庭のニーズに合ったネットスーパーもあるはずです。

忙しい家庭における時間の節約のため、買い物にネットスーパーを利用してみてもいいと思います!

また、近くに大きなスーパーがない場合にも、ネットスーパーはおすすめですね!