としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

保育園入園予定者必見!保育園父母の会の規約を解説する!

f:id:toshiki5911:20170824225040j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

1児の父です!

以前、保育園父母の会総会に参加してきたことを記事にしました。

この中で、保育園父母の会について感じたことをまとめていますが、父母の会の規約についてよくわからない方もいらっしゃると思います。 なので、今回は保育園父母の会の規約について解説してみました!  

 

保育園父母の会の規約を解説する

今回説明する規約については、わたしの娘が通う保育園の規約を参照しています。

保育園によって多少異なるかもしれませんが、大枠は同じだと考えていますので、解説してみます。

1. 名称

「東京都・・・保育園父母の会」とします。

規約の初めに、父母の会の名称を設定しています。

 

2. 目的

乳幼児の保護育成のために保育に協力し、父母の会会員の向上を目指します。
  • 子供たちにとって良いこと、必要なことを考える。
  • 保育園とのより良い交流・協力・連絡を図る。
  • 父母間の協力や親睦を図る。
  • その他、必要に応じて活動する。

ここでは、父母の会の運営目的を示しています。

1つ目、2つ目は理解できるけど、3つ目はどうだろう。

父母の会の年間イベントスケジュールを見ても、ほぼ全てのイベントが在園時のみ参加するイベントであり、父母間の親睦を図る機会なんてないと思う・・・。

 

3. 会員

会員は、在園児の父母全員とします。

ここでは、父母の会の会員を示しています。

父母の会では、全員が強制的に会員になります。

小学校のPTAと違って人数も少ないので、会費を集めるために全員強制参加としているのでしょう。

 

4. 会費

会費は月額XX円とし、一年分XX円を一括払いとします。中途入園者については、在園月数を一括払いとします。中途退園者には払い戻ししませんのでご了承ください。

ちなみに、会費は月数十円とそこまでの負担ではありません。

この程度の負担で在園時のためのイベントが開催できると思うと、子供のためには良いですね。

 

5. 組織・運営

父母の会は、保育園とは別の組織・運営であるため、会についての質問や意見は保育園ではなく役員にお願いします。

保育園と父母の会は別の組織ですよ、ということを定義しています。

保育園は父母の会には一切関知しないということですね。

 

6. 総会

定期総会は年度初めに行います。 臨時総会は、必要に応じて、会長または過半数の会員の要求があった場合、開催します。

この前参加してきた総会についてです。

年度初めは定期総会なんですね。

定期総会は廃止して、資料を配布するだけでいいと思うのですが・・・。

 

7. 掲示板

父母の会掲示板を父母間の情報交換・連絡・交流のために使います。

掲示板なんてあったのか・・・、といまさら気づいた。

保育園2年目にして、気づきました。

送りの時に確認してみよう。

 

8. 規約改正

規約の改廃は、総会において出席者の3分の2以上の賛成をもって行います。

会員の多くは父母の会なんて興味ないだろうし、会員数もPTAより圧倒的に少ないから、規約を変えるのは難しくなさそうな印象です。

 

9. 役員

役員は各クラスより2名以上選出し、総会によって承認します。 会長・副会長・会計を置き、必要に応じて役員会を開きます。

各クラス2名、合計10名の役員で運営されています。

1つの職に2人もいらないと思いますが・・・。

役員になりたくない人も多いだろうし、役員になったら会社休んで役員会に参加しなければならないと思われる。

なので、会費を増額して、役員になるインセンティブとして会の予算から役員報酬を捻出すればいいと思うのだけれど、どうだろうな。

 

10. 会計

会計年度は毎年4月1日から3月31日までとします。 会計の経費は、会費収入および寄付金などで賄います。

会計について定められています。

 

11. 書類などの保存年数

永久保存:現金出納帳 3年保存:領収書 1年保存:上記以外の物

過去の書類なんてどこに保管されているのか、分かりやしない(笑)

たぶん保育園なんだろうけど、紙じゃなくて電子文書でやればいいのに。

 

最後に

保育園父母の会規約の一例として、わたしの子供が通う保育園の父母の会規約を参照して解説しました。

役員は基本持ち回りで、仕事を休んで役員業務をしなければならない機会もあると思います。

なので、ボランティア形式ではなく役員報酬をもらう仕事とすることができれば、やりたい人は出てくると思う。

というか、やりたい人、こういうのが好きな人がやればいいと思っているのだけれど、規約を見ているとやっぱり負担はみんな平等で!という精神なんだろうな。

PTAと比べるとまだましと思えるんだろうけど、保育園父母の会も似たようなものなんだと思います。

以上、保育園父母の会規約の解説でした!

 

関連記事

以下の関連記事も参照してみてください!  

www.toshi-otani.com