としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

ロンドンに海外赴任した僕の妻が語る、女性が海外赴任する上で注意すべき5つのことをまとめるよ!

f:id:toshiki5911:20170715153907j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2011年から4年間、単身でアブダビに海外赴任していました。

また、僕の妻も2013年の1年間、ロンドンに単身で海外赴任しており、この1年間は夫婦で単身海外赴任をしていたことになります。

海外赴任するにあたって、いろいろと準備をすることはありますが、やはり一回海外赴任してみないと分からないことも多くあるのも事実です。

今回は、ロンドンに海外赴任した妻に、女性が海外赴任する上で注意すべきことについてインタビューしてみました!

 

 

ロンドンに1年間単身海外赴任した妻にインタビューしてみた!

それでは、さっそく妻に登場してもらいましょう!

どうも、こんにちは!今回でブログに登場するのは2回目だね。

こんにちは。また出たいなと思っていたけど、思いのほか早く願いがかなったよ!

出たいと思ってくれてたんだ!ありがとう。さて、今回は、あなたがロンドンに1年間単身海外赴任した時のことについて聞きたいことがあるんだけど、いいかな?

いいよ、もちろん何でも聞いて!

 

ロンドンに1年間単身海外赴任した僕の妻が語る、女性が海外赴任する上で注意すべき5つのこと!

①医薬品は日本からある程度持って行った方がいい!

早速なんだけど、あなたのロンドンでの海外赴任経験から、女性が海外赴任をする上で注意すべきことを教えてもらえるかな?

注意すべきこと?海外赴任の準備の段階で注意すべきことっていう意味かな?

その通り。

それじゃあ、まずは医薬品についてかな。医薬品は日本からある程度持っていくべきね。赴任地で医薬品をそろえるのはやめた方がいいと思う。

へぇ、それはどうして?

海外の医薬品って、日本の医薬品より一般的に効果が強いのよ。効果が強いってことは、それだけ副作用も強いってこと。それに、風邪とか微熱とか病院に行くまでもない軽い病気にかかった時に、強い薬を一から試すより、日本でこれまで飲んできて効果が分かっている薬を飲む方が安心するじゃない?

なるほど、確かにそれはそうだね。ロンドンは先進国の大都市だから医療水準は申し分ないけど、場所によっては医療水準に不安のある赴任地もあるから、医薬品は大切だよね。

そう。だから私は日本で使用していた医薬品をあらかじめ用意してロンドンに持って行ったのよ。ロンドンでは医薬品は買わなかったわ。

そうだったのか。

あと薬だけでなくバンドエイドなどもやっぱり日本製の方が品質がいいから持って行ってたかな。

なるほど。これは大切なポイントだね。

 

②洋服、下着を赴任地でそろえるなんて考えてはダメ!日本から持っていくべし!

次は洋服ね。洋服や下着を赴任地で揃えるなんて考えてはダメね。

どうして?ロンドンは都会だから、服とか下着とか簡単にそろえられるんじゃないの?

それがね、服や下着のサイズが全然違うのよ。

そんなにサイズって違うの?

欧米人の体格に合わせてサイズが決められているから、小柄な日本人に合うサイズが本当にないのよ。

そうなんだ。それは知らなかったよ。僕はアブダビで普通にTシャツとか買ってたけど、サイズは特に問題なかったな。

男性の場合はそんなに体格の差がないから問題ないのね。でも女性は差があるからすごく問題なのよ。ロンドンで売られてたSサイズの服が日本のLサイズと同じ、みたいな(笑)

あぁ、それは大変だね。服や下着なんて絶対に買えないね。

だから洋服と下着は日本でちゃんと揃えて、赴任地に持って行ったわ。

 

③現地の衛生用品に期待してはダメ!ちゃんと日本から自分のお気に入りを持っていくべし!

他には何かある?

あとはね、衛生用品には注意した方がいいわね。

衛生用品というと、例えば?

例えば、歯ブラシ、綿棒、マスクなどね。

へぇ、そんなものまで違うんだね。

そうなのよ。歯ブラシだと、まずブラシが大きすぎて歯が磨きにくい(笑)日本の歯ブラシのサイズ感が日本人の口にはちょうどいいわ。

あぁ!確かに、僕もアブダビで歯ブラシがデカいなって思ったことあるよ!アブダビでは結局歯ブラシは一回も買わなかった。

細かいことなんだけど、ロンドンで売られていた綿棒の芯の部分がプラスチックでできていて、使っているとふにゃふにゃして使いにくかったのよ。あとマスクの質も使い勝手も日本製が一番ね。

そっか。衛生用品って日常的に使うものだから、とても大事だよね。

そう。こういうところでストレスを溜めないように、日本から持っていくことを強くおすすめする。

 

④化粧品も赴任地では期待できない!日本でお気に入りを揃えて持っていくべし!

あとは、化粧品にも同じことが言えるわね。これも日本から持って行った方がいいと思う。

そうなんだ。化粧品こそロンドンでも買えるんじゃないかなと思うけど?

確かにロンドンでも手に入るけど、日本で売られているものを探すのがちょっと手間かな。あと、日本でしか売られていないものもあると思うし。ロンドンならまだいいけど、発展途上国の田舎に赴任した場合、化粧品なんてどこで手に入れるのか分からないよね。

確かに。化粧品も日常的に使うものだし、必需品だよね。

確かにロンドンでも手に入るけど、日本で売られているものを探すのがちょっと手間かな。あと、日本でしか売られていないものもあると思うし。ロンドンならまだいいけど、発展途上国の田舎に赴任した場合、化粧品なんてどこで手に入れるのか分からないよね。

確かに。化粧品も日常的に使うものだし、必需品だよね。

 

⑤文房具のクオリティは仕事の効率に影響する。お気に入りがあれば日本で揃えて持っていくべし!

他に注意すべきところって何かある?

うん。これは仕事に結構影響することなんだけど、文房具は日本である程度買って持って行った方が絶対にいいと思う!

それは僕も同意だね。外国で売られている文房具って、日本製の文房具の足元にも及ばないよね。

まさに、そう!シャーペンやボールペン一つとっても全然違うしね。特にシャーペンの芯とか、どうするのよって(笑)

文房具の質が悪いと、仕事の効率も落ちるしね。

初めての海外赴任で不安が一杯だし、新しい仕事を覚えるのも大変なのに、文房具に足を引っ張られるって絶対に嫌だよね。

そうだね。気を付けたいポイントだね。

 

(番外編)ロンドンは物価が高すぎる!なので、あんまり高価な買い物はできない。。。

これまで5つの注意すべきことを聞いてきたんだけど、最後に何かある?

うん、これはロンドンだけの言えることなんだろうけど、ロンドンの物価は高すぎる!

それは僕も聞いたことがあるね。世界一高いって!

ランチをコンビニで軽く済ませようと思っても軽く1000円くらいするし、ディナーを外食しようものなら軽く5000~6000円は覚悟するしかないね。

た、高い!

あと、家賃が高すぎるから、ルームシェアしないと生活できないんだよ。現地雇用社員の独身の人はほとんどがルームシェアしていたよ。

マジですか!

物価が高いから高価な買い物はあんまりできないし、海外赴任でせっかく給料が増えても貯金ができない都市としてロンドンは有名だよ。

ロンドンはいいところだと思っていたけど、そんなデメリットもあったんだね!長いインタビューに付き合ってくれてありがとう!

どういたしまして!それじゃ、またね!

 

女性が海外赴任する上で注意すべき5つのことまとめ!

妻のインタビューから、女性目線の注意事項をまとめます。

  • 医薬品を日本からある程度持っていくべし!
  • 洋服、下着を現地で揃えるなんて無理!きちんと日本から持っていくべし!
  • お気に入りの衛生用品を日本からある程度持っていくべし!
  • お気に入りの化粧品も日本から持っていくべし!
  • 赴任地の文房具のクオリティは期待できない。日本からお気に入りを持っていくべし!
  • (番外編)ロンドンの物価は超絶高すぎる!

 

最後に

今回は、ロンドンに1年間単身海外赴任した妻にインタビューして、女性目線から注意すべきことについて聞いてみました。

多くの企業がダイバーシティについての取り組みを強化しており、これからは女性が海外赴任をする機会が増えてくると考えています。

初めての海外赴任は誰でも不安に思ってしまうものです。

そんな不安が少しでも和らぐよう、この記事がお役に立てれば幸いです。