としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

社会人2年目から海外赴任した僕が語る、海外赴任する上で注意すべき12のことまとめ!

f:id:toshiki5911:20170715153050j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2011年から4年間、単身でアブダビに海外赴任していました。

海外赴任するにあたって、いろいろと事前に準備をすることはありますが、やはり一回海外赴任してみないと分からないことも多くあるのも事実です。

今回は、社会人2年目からアブダビに単身で海外赴任した僕の経験をもとに、海外赴任する上で注意すべきことについてまとめてみました!  

 

社会人2年目から海外赴任した僕が語る、海外赴任する上で注意すべき11のこと!

①当面の生活費としてある程度現金を持っていくべし!

赴任後、当面は赴任地で銀行口座もありませんし、最初の給料日までは現地通貨でお金を受け取ることはできません。

したがって、少なくとも最初の給料日まで生活するための現金を持っていく必要があります。

現地に赴任していた先輩からこのアドバイスをいただき、僕は2カ月分の給料を米ドルに両替してアブダビまで持っていきました。

 

②海外のATMで現金を引き出せる銀行口座とキャッシュカードを用意するべし!

最初の生活費としてある程度の現金を持っていく必要があると言いましたが、もし現金が底を尽きてしまった場合、生活できなくなります。

同僚にお金をかりるというのも手ではありますが、あまりそんなことはしたくないはず。

そこで、海外のATMから現地通貨で現金を引き出せる銀行のキャッシュカードを作っておくことをおすすめします!

海外のATMから現地通貨を引き出すと、指定の金額(現地通貨)が日本円に換算され、銀行口座から即時に引き落とされる仕組みになっています。

手数料が少々高いですが、これがあれば現金が尽きたときでもすぐに現地通貨で現金を引き出すことができますので、安心です。

最も多くの国の海外ATMで現金を引き出せる国際キャッシュカードに対応していておすすめなのは、新生銀行SMBC信託銀行(旧シティバンク)です。

僕はSMBC信託銀行(旧シティバンク)で口座開設し、キャッシュカードをアブダビに持って行っていました。

 

③医薬品は日本からある程度持って行くべし!

海外の医薬品は、日本の医薬品より一般的に効果が強く、効果が強いということはそれだけ副作用も強いです。

風邪とか微熱とか軽い病気にかかった時に、海外の強い薬を一から試すより、日本でこれまで飲んできて自分に合っている薬を飲む方が絶対に安心します。

また、赴任地によっては医療水準に不安のあるところもあるので、普段の生活の中で使用する医薬品は本当に大切です。

したがって、僕は日本で使用していた医薬品をあらかじめ用意してアブダビに持って行きました。

そして、アブダビでは4年間で1度も医薬品は買いませんでした。

あと薬だけでなくバンドエイドなども日本製の方が品質がいいので、日本から持って行っていくことをおすすめします!

 

④洋服を赴任地でそろえるなんて考えてはダメ!日本から持っていくべし!

洋服については、外国人と日本人の体格の差があり、日本人に合うサイズが見つからない場合があります。

また、ブランドショップなどの高価なお店ではなく地元のローカルショップだと、アブダビの場合では服のサイズ合わせ、仕立てのクオリティがかなり低いです。

なので、サイズ合わせしたのに、商品を受け取ってみるとサイズが合っていないといったトラブルにもなりかねません。

かといってブランドショップで毎回服を買うことはなかなかできませんので、やはり服は日本で揃えて赴任地へ持っていくことをおすすめします!

また、中東に限って言えば、外はとても暑いですが、オフィス内は冷房が効いていて、とても寒いです。

ですので、以外にも日本から持って行ったヒートテックタイツやカーディガンが勤務中とても役に立ちました。

 

⑤現地の衛生用品に期待してはダメ!ちゃんと日本から自分のお気に入りを持っていくべし!

歯ブラシ、綿棒、マスクなどの衛生用品には注意が必要です。

歯ブラシに関していえば、ブラシの部分が大きすぎて歯が磨きにくく、日本の歯ブラシのサイズ感が日本人の口にはちょうどフィットします。

また、綿棒の芯の部分の材質が日本の綿棒と異なっているため使いにくかったり、マスクの質も使い勝手も日本の製品と比較して悪かったり。

衛生用品って日常的に使うものですのでとても大事であり、こういうところでストレスを溜めないように、日本から持っていくことを強くおすすめします!

 

⑥文房具のクオリティは仕事の効率に影響する。お気に入りがあれば日本で揃えて持っていくべし!

これは仕事に結構影響することなのですが、文房具は日本である程度購入して赴任地へ持っていくことをおすすめします!

なぜならば、日本の文房具のクオリティが高すぎて、他の国の文房具のクオリティでは話にならないからです。

日本では当たり前に使っていた便利なシャーペンなんて、海外のどこにも売られてないですよ(笑)

文房具の質が悪いと、仕事の効率も落ちてしまいます。

初めての海外赴任で不安が一杯だと思いますし、新しい仕事を覚えるのも大変ですので、文房具に足を引っ張られることが無いよう注意すべきです。

 

⑦自由な時間にリラックスできる娯楽を持っていくべし!

赴任した当初は誰でも、多くのことが初めてのことなので不安で一杯です。

そんな時に一番大切なのは、自由な時間をいかにリラックスして過ごすかということです!

読書、ゲーム、映画を見る、音楽を聴く、何でも結構なので、自分が一番リラックスできる娯楽を持って行ってください!

ちなみに、kindleだとこれ一つでたくさんの書籍を持っていくことができるので、おすすめです!

また、Amazonプライムだと、プライム・ビデオやプライム・ミュージックで本当にたくさんの映画・ドラマや音楽が無料で楽しみ放題なのでおすすめです!

kindleやAmazonプライムについては、こちらの関連記事も参考にしてください。

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

 

⑧折り畳み傘を持っていくべし!

雨が降った時は、当然ながら傘をさして通勤する必要があると思います。

砂漠気候のアブダビでさえ、年に1~2回は雨が降るんですよ!

そんな時、日本で当たり前に使っていたとても便利な折り畳み傘がなかなか海外では見つからないのです。

海外で生活して初めて、折り畳み傘の貴重さに気が付きました。

折り畳み傘はこんなに便利だったのかと!

持ち運びに便利で荷物にならない折り畳み傘は、海外では手に入りませんので、日本から持参することを強くおすすめします!

僕のおすすめはコレ↓です。

 

 

耐久性に優れており、おしゃれで、ワンタッチで開閉できるのが便利です。

 

⑨歯の治療、クリーニングは赴任前に済ませておくこと!

海外で生活していて一番厄介なのは、歯の治療です。

普通に生活していればなかなか大きな病気にはならないとは思いますが、虫歯はそうではありません。

しかも、海外での歯の治療は保険が効かないんですよね。

一旦全額払って、日本に帰った時に保険との差額分を清算するという面倒な手続きをしなければなりません。

僕はそれが面倒だと思ったので、赴任前には歯医者にいって歯のクリーニングをしてもらいました。

また、休暇で日本に帰ってきたときも必ず歯医者で歯の状態をチェックしてもらってました。

海外で虫歯になったらどの歯医者が信頼できるのか分からないし、仕事どころじゃなくなるし。

本当に大変なので、ちゃんと歯医者にいってチェックしてもらいましょう!

 

⑩変圧器は日本から持っていくこと!

家族を帯同されるひとは、日本から家電製品を持っていく人もいるでしょうね。

炊飯器とか、外国製品と日本製品とでは天と地の差ですからね!

外国製品に踊り炊きなんてないですからね!

そんな時に必要なのが変圧器です。

日本の家電製品が対応している電圧と赴任地の電圧は違います。

なので、この電圧差に対応するため、変圧器を持っていく必要があります。

また、持っていく家電製品に対応する容量の変圧器を持っていくようにしましょう。

 

⑪パソコン、タブレットは日本から持っていくこと!

パソコン、タブレットは現地でも買い揃えることは出来ますが、やっぱり使い慣れたものがいいですよね。

また、海外で購入すると日本語に対応していなかったり、対応させるのが大変面倒だったりします。

なので、日本で購入したものを持っていきましょう。

 

⑫電子辞書は本当に便利!

初めての海外赴任の方にとっては、英語や赴任地の言語に不安を覚えているでしょう。

そんなあなたを勤務中や日常生活でとても助けてくれるのが、電子辞書です!

何か分からないことがあったらすぐに調べることができ、ビジネスでも何でもすぐに対応することができます。

なので、電子辞書は持って行った方が絶対にいいです!

電子辞書を持っていない人は、これを機に購入することをオススメします。

僕が使っている電子辞書はコレ↓です。

 

タッチパネル搭載ですし、登録されている辞書の数も豊富なので、とても気に入っています。

使い勝手が良く、沢山の辞書が入っているので、オススメです!

また、会社によっては補助が出る場合がありますので、一度会社に問い合わせてみるといいですよ!

 

海外赴任する上で注意すべき12のことまとめ!

僕の海外赴任経験から、海外赴任する上で注意すべきことをまとめておきます。

  • 当面の生活費としてある程度の現金が必要。
  • 海外のATMで現金を下ろせるキャッシュカードを持っていく。
  • 医薬品はある程度持参する。
  • 洋服、下着はきちんと持っていく。
  • お気に入りの衛生用品をある程度持っていく。
  • お気に入りの文房具を持っていく。
  • リラックスできる娯楽を持っていく。
  • 折り畳み傘を持っていく。
  • 歯の治療、クリーニングは赴任前に済ませる。
  • 変圧器を持っていく。
  • パソコン、タブレットを持っていく。
  • 電子辞書を持っていく。

 

最後に

今回は、社会人2年目からアブダビに単身で海外赴任した僕の経験をもとに、海外赴任する上で注意すべきことについてまとめました。

グローバリゼーションの下、多くの企業がビジネスの主戦場を海外に移しており、これからもっと海外赴任をする機会が増えてくると考えています。

初めての海外赴任は誰でも不安に思ってしまうものです。

そんな不安を少しでも和らげるためにしっかりと準備ができるよう、この記事がお役に立てれば幸いです。