としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

社会人2年目で海外赴任した僕が、海外勤務を経験して本当に良かったことをお話します!

f:id:toshiki5911:20170715103451j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は社会人2年目の2011年から4年間、アブダビに海外赴任していました。

4年間の海外赴任では色々なことがありましたが、日本に帰任してみて思うのは、海外赴任をして本当に良かったということです。

今回は、海外赴任を経験して僕が本当に良かったと思うことをまとめてみました!  

 

海外赴任を経験して本当に良かったこと!

僕は石油開発会社に勤めているエンジニアです。

日本には石油資源がほとんどありませんので、どうしても主戦場が海外となってしまいます。

つまり、海外の現業所、油田、ガス田の現場が僕の会社の最前線ということです!

僕が海外赴任を経験して一番良かったことは、この海外の油田、ガス田という石油開発の最前線で勤務したことです!

 

石油開発の現場で働くことから得られたこと。

石油開発の現場というのは、石油を今まさに生産している現場です。

現場では、毎日毎日、大きなものから小さいものまで何かしらの問題が発生しています。

その一つ一つの問題が石油の生産に直結しており、その問題が長引くほど石油の生産量が低下し、会社の利益低下に直結してしまいます。

このような緊張感のある雰囲気の中で、その問題がどうして起きているのか、原因は何か、解決方法は何か、ということを自分が既に持っている知識の中から、また、その時点では持っていない新たな知識を取り入れながら、必死で考えるわけです。

必死で原因調査し、解決方法を考え、上司に提案し、それを実行する。

その実行により得られた結果の良しあしから、また次の行動へと移していく。

この日常の中で頻繁に繰り返されるPDCAにより、石油開発エンジニアとしての技術、スキルが格段に身に付いていきます。

また、もちろん現場や海外オフィスでの勤務にも庶務、雑務というものはありますが、現場の第一の使命は安定的に石油・ガスの生産を実行する、石油・ガスの生産を最大化するということです。

なので、東京本社の仕事よりも割合的に、庶務、雑務の業務は少なくなります

したがって、最前線の現場で働くということは、現場以外で働くよりも何十倍もの成長速度でエンジニアとして成長できるのです!

そして、これは石油開発に限った話ではなく、海外を主戦場としている会社であれば同じことが当てはまると思います。

 

海外で働くことから得られたこと。

海外で働くということは、必然的に、日本人に限らず色々な国籍の人と働かなければなりません。

国籍が違えば、宗教や文化、習慣も当然異なります。

特に、僕が赴任したアブダビはイスラム教徒の国であり、イスラム教というのは日本人の価値観、文化、習慣と全く違います。

そんな多国籍な人が集まる環境で仕事をすることにより、僕は誰とでも国籍、宗教、文化、習慣関係なく仕事ができる自信が付きました。

これは同じ日本人の集団の中で仕事をしているだけでは、絶対に身につかないものです。

近年では、外国人を採用する会社も増えてきていますし、労働力として日本の地方の企業で働く外国人が増えてきています。

この傾向は今後も継続して続いていくと考えており、そんな時代だからこそ、誰とでも国籍、宗教、文化、習慣関係なく仕事ができる能力が必要となってくると考えています。

 

海外で生活することから得られたこと。

僕はこの海外赴任で初めて、観光旅行などの短期間を除いて、長期間海外で生活をしました。

これまで日本という環境でしか生活してこなかったため、当然のことながらアブダビでの生活は戸惑いの連続でした。

まず、これまで当たり前だったことが当たり前でないという現実。

例えば、アブダビはイスラム教徒の国ですので、一部のレストランでしかお酒が飲めません。

また、豚肉を提供しているレストランはほんのごくわずかしかありません。

さらには、断食月であるラマダンの時期には、街中のレストランのほとんどが閉店するので、本当に食事に困ってしまいます。

このような日本とは全く違う宗教、文化、習慣の中で生活をすることで、僕はどこでも生きていける自信が付きました。

これは同じ宗教、文化、習慣の中で生活するだけでは、絶対に身につかないものです。

また、観光旅行などはほんの一時期の滞在ですので、どこでも生きていける自信と呼べるものまでは身につきませんし、せいぜい異なる文化、習慣を体験できる程度です。

海外で長期間生活をすることにより、タフな生活力が身に付くのです。

 

海外赴任を経験して本当に良かったことまとめ

僕が海外赴任を経験して本当に良かったこと3つをまとめます。

  • 現場以外で働くよりも何十倍もの成長速度でエンジニアとして成長できた!
  • 誰とでも国籍、宗教、文化、習慣関係なく仕事ができる自信が付いた!
  • どこでも生きていける自信が付いた!

この他にも、海外勤務中は給料がアップするとか、日本よりも広い部屋に住めるとか、いろいろとメリットはあり、これらは以下の記事にまとめています。

www.toshi-otani.com

ですが、自分自身の成長として本当に良かったことはこの3点だと考えています。

 

最後に

海外赴任を経験することにより、自分自身の成長として本当に良かったこと3つを紹介しました。

日本ではなく海外で勤務することにより、本当に貴重な経験ができ、多くのことが得られました。

海外が主戦場の会社はとても多いですし、そのような会社に勤めている人は海外赴任をぜひ経験してもらいたいと思います。

また、海外赴任に興味を持った人は、海外赴任ができる会社への転職をしてみてはいかがでしょうか。