としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【函館】函館の100万ドルの夜景は本当だった!函館山から見下ろす綺麗な夜景に感動した夜!

f:id:toshiki5911:20170831130234j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

先日、夏休みを頂き、家族で函館に旅行してきました。

僕にとって初めての北海道ということであり、ホテル選びの時からワクワクしていたのですが、函館は本当にいい街でした!

ちなみに、他の函館旅行の記事はコチラ↓

 

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

 

そして、函館と言えば、100万ドルの夜景じゃないですか!

見に行く前は、「どうせ普通の夜景で、そんなに言うほど大したことないでしょ」と思っていました。

ところがどっこい、地形の恩恵もありしっかり100万ドルの名に恥じないほどに綺麗なものでした!

今回は、そんな100万ドルの名に恥じない夜景を見に行ってきたときのことをまとめてみました!

 

 

函館山へはロープウェイで!

やっぱり函館に来たからには、函館山からの夜景を見たいということで、しっかり夜景を見に行ってきました。

ミシュランにも、函館山からの展望は三ツ星にランクインされていましたよ!

期待ができます!

 

f:id:toshiki5911:20170831122731j:plain

 

函館山へのロープウェイ乗り場は、路面電車の十字街駅が最寄りです。

十字街駅から徒歩10分以内で到着します。

あたりも暗くなり、いざロープウェイに乗り込み、函館山山頂を目指しました。

ロープウェイから見える景色も、とってもきれいでしたよ!

函館山頂からの景色はもっと期待できますよね!

 

f:id:toshiki5911:20170831130232j:plain

 

函館山頂に到着!

ロープウェイを降り、いざ函館山頂へ!

ちなみに、これがロープウェイ↓

 

f:id:toshiki5911:20170831130233j:plain

 

頂上には観光客がたくさん!

この日は朝からあいにくの雨で、夕方にようやく雨が上がり、それでも天候もいまいちだったのですが、こんなにお客さんにあふれているんですね。

さすが、ミシュラン三ツ星!

展望台の最前列で撮影した写真はコチラ↓

 

f:id:toshiki5911:20170831130234j:plain

 

陸が海に挟まれて狭くなっている函館の街。

その地形の影響で街の明かりがとてもきれいでした!

夕暮れから1時間以内だと、海と背景の山も見えるため、もっときれいな景色が見えるとのこと!

僕は時間の関係上(美味しいお寿司を食べていたため(笑))その時間帯には来れませんでしたが、時間に余裕のある方は夕暮れの時間を調べて訪れてみてください!

函館山登山の証もパシャッと!

 

f:id:toshiki5911:20170831130235j:plain

 

帰りは、ロープウェイではなく、函館登山バスを利用しました。

僕が帰りに函館登山バスを利用した理由は以下の通りです。

  • ロープウェイと比べて料金が大幅に安い。
  • 函館登山道を見たかった。
  • ラビスタ函館ベイホテルのすぐ近くまで運んでくれた。

函館登山バスには添乗員さんがおり、登山・下山の際には夜景の見どころや観光案内のアナウンスをしてくれるので、行きはロープウェイ、帰りは登山バスというのもおすすめですよ!

 

函館山へのアクセス

函館山へは、以下のアクセス方法があります。

函館市公式観光情報サイトを参照しておきます。

 

①函館山ロープウェイ

f:id:toshiki5911:20170902063121j:plain

函館山観光の基本といっていいのがロープウェイ。山麓(さんろく)駅から山頂駅まで3分、125人乗りのゴンドラで、ぐんぐん遠ざかる街並みと近づいてくる函館山をガラス越しに眺めるのも、お楽しみのひとつです。支柱のない造りなので、視界も良好! 施設はバリアフリーになっています。

引用元:函館市公式観光情報サイト

 

②函館登山バス

f:id:toshiki5911:20170902063120j:plain

JR函館駅からベイエリア経由で、函館山登山道を上る路線バスがあります。乗り換えなしで山頂まで行けて、片道400円という手軽な料金も人気。函館山の緑の中を走り、視界が開ける場所からは展望台とは違う景色が望めます(行きは右側、帰りは左側の席がベター)。所要時間は約30分です(渋滞のない場合)。

引用元:函館市公式観光情報サイト

 

③マイカーでの登山

時間を気にせずにマイペースで行動できますが、混雑を避けるために夜景タイムには通行禁止になります(2017年は4月25日~9月30日が17~22時、10月1日~11月上旬が16~21時)。規制解除の時間を待って山頂に向かう車で、大渋滞することもあります。登山バスと同じく、冬期の登山道通行はできません(11月上旬~翌年4月中旬)。

引用元:函館市公式観光情報サイト

 

④徒歩での登山

f:id:toshiki5911:20170902063119j:plain

函館山山頂からの景色を楽しむのに、時間があればおすすめしたいのが「登山」です。登山といっても、きちんと整備された緩やかな坂道を歩くハイキング感覚。函館山ふれあいセンター(青柳町6-12)から山頂展望台まで、1時間ほどの散策路です(旧登山道つつじ山コース)。もちろん料金無料というのも魅力ですが、年間を通して、函館山の豊かな自然と途中の街並みや海の眺めを楽しみながら、マイペースで歩くことができます。
 
靴は歩きやすいスニーカーなどで。夏は虫よけに長袖長ズボン(白っぽいものがベター)、冬の雪道にはスノーブーツがおすすめです。昼間の景色を楽しむもよし、夕方に上って山頂で夜景を見て、ロープウェイやバスで下山するもよし。ひと味違う函館山が楽しめます。

 引用元:函館市公式観光情報サイト

元気があれば、徒歩での登山もいいですね。

次の機会にはぜひ徒歩で登山してみようと思います。

 

最後に

函館旅行中、実際に函館山の夜景を見てきましたが、その名に恥じないとてもきれいな夜景でした!

さすがは三ツ星だなと感心し、またそのきれいな夜景に家族みんなで感動しました!

函館を訪れた際には、是非とも見ておきたい景色とおすすめしておきます!

函館を訪れた際の参考になれば幸いです。

 

楽天トラベルで函館のホテルをチェックしてみる!

 

函館山の情報

 

①函館山ロープウェイ

営業時間:通常10分間隔で運転(混雑時は5分間隔)
     4/25~10/15 10:00~22:00(上り最終21:50)
     10/16~4/24※ 10:00~21:00(上り最終20:50)
料金(普通運賃):大人(中学生以上) 往復1280円、片道780円
         小人 往復640円、片道390円
 

②函館登山バス

料金:函館駅前-函館山 大人片道400円、小人片道200円

 

③マイカー、徒歩での登山

 

楽天トラベルで函館のホテルをチェックしてみる!

 

ちなみに、他の函館旅行の記事はコチラ↓

 

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com

www.toshi-otani.com