としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【函館】函館酪農公社で仔牛哺乳体験と牛乳工場見学をしてきた!子供がいる家族に猛烈におすすめしておく!

f:id:toshiki5911:20170903164232j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

先日、夏休みを頂き、家族で函館に旅行してきました。

僕にとって初めての北海道ということであり、ホテル選びの時からワクワクしていたのですが、函館は本当にいい街であり、楽しい思い出がたくさんできました!

ちなみに、函館旅行に関する他記事はコチラ↓

 


 

 

 

そして、北海道と言えば、牧場じゃないですか!

子供に牧場で牛とのふれあいを体験させたい、という思いで函館に良い牧場ないかな~と探していました。

すると、ちょうど函館酪農公社という牧場運営会社のところで、仔牛の哺乳体験をやっているじゃありませんか!

これは参加すべきということで早速予約して、函館旅行中に体験をしてきました。

実際に参加してみて、この体験は子供だけでなく、大人にとっても非常に良い体験になりました!

今回は、函館酪農公社における仔牛の哺乳体験をまとめてみました!

 

 

函館酪農公社とは?

 函館酪農公社の紹介がホームページにありましたので、それを引用します。

 

津軽海峡を臨む小高い丘の上の牛乳工場。それが私たち函館牛乳です。
1973年、酪農家を中心とした地域の仲間たちが力を合わせて、「株式会社函館酪農公社」を設立しました。全道の一元集荷、多元販売のシステムから離れて生産、販売を開始した当時の商品ブランド名「函館牛乳」が、ありがたくも地元道南地区の皆様に親しまれ、現在に至っています。

引用元:函館酪農公社ホームページ

函館酪農公社からは函館牛乳というブランド牛乳が販売されています。

僕が宿泊したホテル、ラビスタ函館ベイの朝食でも提供されていて、とても濃くて美味しい牛乳でしたよ!

 

函館酪農公社に着いた!

さて、ホテルからタクシーで15分ほど進んだところ、小高い丘の上に函館酪農公社はありました。

 

f:id:toshiki5911:20170831122816j:plain

 

すぐそばには、乳しぼり体験がありました!

牛乳の代わりにお水が出てきますが、それらしい体験はできそうです!

 

f:id:toshiki5911:20170831122817j:plain

 

仔牛哺乳体験の事前予約はしておいたのですが、どこで生産すればいいのか分からなかったので、事務所で確認したところ、近くのショップ「あいす118」で事前に精算してほしいとのこと。

言われるがまま、あいす118にて、仔牛哺乳体験の精算をします。

あいす118にも、仔牛哺乳体験の説明書きがありました↓

 

f:id:toshiki5911:20170831122818j:plain

 

精算した後、牧場の入り口付近にて、係員さんが来るのを待ちます。

入口のすぐそばには引退した路面電車が展示されていました。

 

f:id:toshiki5911:20170831122820j:plain

 

また、牧場入口の近くには、ラッピングされた牧草が積んでありました。

昔はサイロという牧草保管倉庫を使用していたのですが、倉庫の中で発酵によりメタンガスが発生し、死亡事故が発生したそうです。

それにより、もうサイロは使われず、ラッピングして牧草を保管しているとタクシーの運転手さんが言っていました。

雑学ですね~。

 

f:id:toshiki5911:20170831122821j:plain

 

仔牛の哺乳体験スタート!

さて、係員さんが来られたので、仔牛哺乳体験がスタートしました!

今回では以下の体験をすることができました。

  • 仔牛哺乳体験
  • 心音聴取体験
  • 仔牛のお散歩体験、ふれあい
  • お姉さん牛へえさやり体験
  • 酪農・牛・牛乳についてのお話、質疑応答

1人1000円で結構盛りだくさんな体験ができます。

まずは、余計な菌を持ち込まないために手洗いをし、牧場の中へ入りました。

すると、早速、お姉さん牛が出迎えてくれました!

 

f:id:toshiki5911:20170831122822j:plain

 

牧場名としては、早乙女牧場というみたいです。

 

f:id:toshiki5911:20170831122824j:plain

 

こちらは1歳前後くらいの比較的若い牛さんです。

 

f:id:toshiki5911:20170831130123j:plain

 

①仔牛哺乳体験

今回、ミルクをあげる仔牛さんはこの子↓

まだ生まれて数カ月の仔牛さんです。

f:id:toshiki5911:20170831130124j:plain

 

人間の哺乳瓶よりもずいぶん大きい哺乳容器に牛の乳首に似せたものを取り付けて、哺乳します。

ちなみに、ミルクについては仔牛用の粉ミルクがあり、それを与えているとのことでした。

 

f:id:toshiki5911:20170831130125j:plain

 

ミルクは温かかったです。

いよいよ仔牛にミルクをあげます。

お腹がすいていたのか、すごい勢いで飲んでいきます。

吸う力も、ものすごいったらありゃしない!

 

f:id:toshiki5911:20170831130126j:plain

 

あっという間にミルクをすべて飲み干してしまいました。

 

②心音聴取体験

続いて仔牛を牛舎から出し、補聴器を使って仔牛の心音を聞いてみます!

これがなかなか難しい!

係員さんによると、子供は聞こえやすいが、大人はなかなか聞くのが難しいとのこと。

僕は、残念ながら聞こえませんでした(泣)

 

f:id:toshiki5911:20170831130127j:plain

 

③仔牛のお散歩体験、ふれあい

続いて、仔牛のお散歩体験です。

首輪にロープをつないで、いざお散歩!

仔牛といえど、やっぱり力が強い!

しかも、意外や意外、軽やかに走るんですね~。

仔牛にあちこち引っ張られながら、牧場内をお散歩しました。

 

f:id:toshiki5911:20170831130128j:plain

 

④お姉さん牛へえさやり体験

次は、最初に出迎えてくれたお姉さん牛にえさやりをする体験です。

牧草を1家族2バケツ頂いたので、牛にそれを与えました。

ちなみに、牛は茶色い牧草よりも青い牧草を好むとのこと。

青い牧草の方が新鮮で美味しいのかもしれませんね。

また、牛は視力が悪く、餌の場所は匂いで判断しているとのこと。

そして、牛の下はとても長く、ざらざらしていました。

牛が牧草を食べる時は、牧草を舌で巻き取るようにして食べるんですね。

しかも牛は前歯がないので、指をかまれるということがなく、お口に指を入れてもいたくなかったです(なんかコリコリされているような感じ?でした)。

 

f:id:toshiki5911:20170831130129j:plain

 

また、牧草のあとは、次はトウモロコシをはじめとした穀物を少しだけあげました。

穀物を手一杯すくって、直接牛の口付近へ。

牛の舌でやたらベロベロとなめられますが、舌の感触がどうなのか貴重な体験ができました!

 

⑤酪農・牛・牛乳についてのお話、質疑応答

最後に、係員さんから酪農について、牛について、牛乳についてのお話しを聞くことができました。

特に牛や酪農に関して良く知らないことが多く、たくさんの雑学知識が得られました。

娘も大きな牛をみたり、仔牛にミルクをあげたりと、初めての体験が多くでき、とても喜んでいました。

 

牛乳工場見学もしたよ!

函館酪農公社には、仔牛哺乳体験だけでなく無料で牛乳工場見学もできます!

工場に掲示されているポスター↓

 

f:id:toshiki5911:20170831130130j:plain

 

工場内で掲示されている乳製品↓

 

f:id:toshiki5911:20170831130131j:plain

 

工場内で牛乳パックに牛乳が充てんされているところを見学できます↓

ベルトコンベアの作業風景で味気ないですが(笑)

 

f:id:toshiki5911:20170831130132j:plain

 

その他、紙芝居形式でチーズの作り方や牛の種類などの説明があったので、子供と一緒に読みました。

子供を飽きさせない工夫がありがたいですね。

 

あいす118でソフトクリームを食す!

f:id:toshiki5911:20170831122815j:plain

 

帰りのタクシーを待っている間、あいす118でソフトクリームを食べました!

ここでは、函館牛乳を使ったソフトクリームやヨーグルト、函館産野菜を使った揚げ物など、美味しいものがたくさん味わえます。

函館酪農公社に来た際には、あいす118で美味しいものを食べたいですね!

 

f:id:toshiki5911:20170831122819j:plain

 

最後に

やっぱり北海道と言えば牧場ということで函館酪農公社を訪れましたが、東京ではなかなかできないような貴重な体験ができました。

特に子供にとっては、普段なかなか触れ合うことができない牛と触れ合うことができ、また酪農について学ぶこともできるので、本当におすすめします!

はkど宛に来た際には、是非函館酪農公社を訪れてみてください!

 

楽天トラベルで函館のホテルをチェックしてみる!

 

函館酪農公社の情報

 所在地:北海道函館市中野町118

 電話:0138-58-4460

注意事項:仔牛哺乳体験は事前予約が必要ですので、上記電話番号に電話してください。

 

ちなみに、宿泊したラビスタ函館ベイホテルと食事についての記事はコチラ↓