としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【株日誌】1739シード平和株を売却して損切りしたので、その詳細についてまとめておく!

f:id:toshiki5911:20171103031133j:plain
こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2017年4月から余剰資金を用いて資産運用を始めていますが、その中で株式投資に挑戦してみようと思い、ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資について学んでいます。

その中で、1739シード平和の株式を購入して投資をしていたのですが、11月9日の決算発表後に株が売られて株価が下落しました。

そして、自動損切りのために設定していた逆指値注文が刺さりましたので、株価下落を受けましたが無事に損切りすることができました。

今回は、1739シード平和の株式売買に関する記録をまとめてみました!

 

 

1739シード平和の株式売買

結論として、以下の通りシード平和株を売買しました。

 

f:id:toshiki5911:20171115230347p:plain

  • 11月8日:1,867円で100株購入。
  • 11月6日:1,791円で100株売却。

結果として、購入時株価から76円下落したところで売却し、7,600円の損失となりました。

以下、投資方針と決算時の情報から株式売買を振り返ります。

 

1739シード平和の株式投資方針

シード平和の株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が2倍以上に伸びている高成長株
  • PER(当時)が7.0倍と割安
  • 年初来最高値が2,070円(PER7.7倍相当)

よって、以下の売買方針を立てていました。

  • まず目標株価は年初来最高値の2,070円。
  • 年初来最高値2,070円を超えた後は、PER15倍(4,017円)を目指す。しかし、株価が移動平均線を下回るのを確認すれば売却。
  • 購入時価格10%割り込んだ時点で売却(逆指値注文を常に入れておく)。

11月9日の決算発表では、以下の決算が発表されました。

  • SEEDH、7-9月期(1Q)経常は9.4倍増益で着地

結果として、決算発表後に株が売られて、株価が下落したことで逆指値注文が刺さり、株を売却しました。

 

1739シード平和の株式投資結果の考察

結果として、決算発表後にシード平和の株式を売却し、損切することとなりました。

売却後に引き続き大きく株価が下落していることを鑑みると、逆指値注文が効果を発揮したともいえるかと思います。

ただし、決算内容としては決して悪くなかったのではないかと思っています。

確かに通期に対する進捗率はそれほどでもないですが、それは昨年も同様の事でした。

そして、決算短信には以下の通り記載されております。

当第1四半期累計期間における売上高は、通期業績予想における売上高に対して14.9%の進捗となっておりますが、これは戸建分譲事業及び、総合建設事業の一般建設請負・マンション事業に係る売上高の計上時期が、翌四半期以降に集中しているため、経営成績に偏りが生じているためであり、現状においては、売上高、各利益ともに当初計画通りに進捗しております。

この決算短信から、この低進捗率イコール業績が悪いと判断するのは早計だと思います(もちろん今後業績が悪化する可能性はもちろんありますが)。

2017年11月15日現在の終値1,634円はPER6.1倍と極めて割安であるため、今後株価が落ち着いた段階で買い戻すことを検討したいと思います。

 

まとめ

前述のとおり、今回は決算後に株価が下落し、株を売却することとなりました。

今後、シード平和の株価が落ち着いたかどうかを見極めたうえで、買い戻すかどうかを判断したいと考えています。

ちなみに、僕は2017年6月からファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで勉強をし、2017年9月から株式投資を始めました。

なので、株式投資をやっているとはいっても、まだまだ始めたばかりの新米投資家です。

引き続き、ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで学びながら、株式投資で着実に利益を取っていきたいと思っています。

ちなみに、株式投資にご興味がある方は、ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの無料体験学習会が定期的に開催されていますので、公式サイトをチェックしてみてください。