としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【レビュー】ダイキンの加湿空気清浄機「ストリーマー」で冬の乾燥を乗り切ろう!加湿と空気清浄は体調管理の基本です!

f:id:toshiki5911:20171119222313j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

2017年も冬を迎えようとしていますね。

これから空気はだんだんと乾燥し、のどが乾燥しやすい方や風邪をひきやすい方には魔の季節がやって来ます。

僕も喉が弱く、のどの乾燥が原因で風邪をひくことが多くありました。

そんな時に出会ったのが、ダイキンの加湿空気清浄機です。

 

 

これを使い始めてから、春の花粉症の影響も少なくなりましたし、これまで乾燥による風邪をひくことなく乗り切れるようになりました。 今回は、ダイキンの加湿空気清浄機について紹介したいと思います。

 

 

ダイキンのスリムタワー型加湿空気清浄機「ストリーマー」

今回僕が紹介するのが、ダイキンのスリムタワー型加湿空気清浄機「ストリーマー」です。

ストリーマーの特徴は、

  • 加湿器と空気清浄機が一体となっている。
  • スリムタワー型であるため、置き場所に困らない。
  • ホコリだけでなく、花粉やPM2.5にも対応したセンサーがある。
  • 風量、湿度設定、コースといった選べるプランが多く、ニーズに合ったコース選択ができる。
  • 就寝時にランプが気になる方のために、ランプが消せる(子供がいるととても便利です)。

といったところでしょうか。 機能が優れていることは言うまでもなく、デザインが良いんですよね! 見よ、この素晴らしきスリムタワー! 正面から見ると、こんな感じ↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222326j:plain

 

横から見ると、こんな感じ↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222328j:plain

 

上から見ると、こんな感じ↓

ちなみに、上から綺麗になった空気が出てきます。

またストリーマーにはリモコンが付いていて遠隔操作ができますし、リモコン置き場もあります。

 

f:id:toshiki5911:20171119222327j:plain

 

このストリーマーを使用したおかげで、家にいる時だけ春のひどかった花粉症の症状が和らぎました。

また、近頃空気が乾燥し始めてきましたが、これまでのところ、子供も含めて家族全員が乾燥によるのどのハレや風邪を引くといったこともなく、無事に過ごせています。

特に子供が健康でいられるというのが大きいですよね。

僕の3歳の娘は保育園に通っていますが、風邪を引いて熱が出ると、保育園を休まざるを得ないので、会社を休まなければなりません。

子供の風邪もたまにくらいならいいですが、頻繁になると子供の体調不良が生活に影響を大きく及ぼしますし、家族全員が健康であるに越したことはないですよね。

これから冬を迎え、激しい乾燥の季節を迎えますので、加湿そして空気を綺麗に保つことはとても大切になってきます。

 

ダイキンの加湿空気清浄機「ストリーマー」のお手入れ

さて、機能が優れていて、デザイン性もいいことは分かったのですが、お手入れのしやすさはどうでしょうか。

ストリーマーの基本的なお手入れは以下の通りです。

  • 加湿トレーの掃除(ニオイや汚れが気になる時)
  • 加湿フィルターユニットの掃除(ニオイや汚れが気になる時)
  • プレフィルターの掃除(汚れが気になる時)
  • 吹き出しグリルの掃除(汚れが気になる時)
この4か所を掃除しておけば基本的には問題ありません。 また、どれもニオイや汚れが気になる場合に掃除をする感じでかまわないので、使っていて空気のニオイが気になるようであれば掃除をします。 まずは、加湿トレーおよび加湿フィルターユニットの掃除です。 ストリーマーから給水タンクを取り出すと、こんな感じになります↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222316j:plain

 

ここから、給水トレーと給水フィルターユニットを取り出します↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222317j:plain

 

給水トレーに給水フィルターユニット(円盤型)が乗っかっている感じ。

 

f:id:toshiki5911:20171119222314j:plain

 

これらを別々にすると、こんな感じ↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222315j:plain

 

これらの匂いや汚れが気になる場合には給水トレーは水洗い、給水フィルターユニットは水につけ洗いすることになります。

次に、プレフィルターを掃除します。

プレフィルターはストリーマーの側面と前正面下側にあります。

これは側面のプレフィルター↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222318j:plain

 

ストリーマーから外したプレフィルターに誇りが付いているので、ホコリを掃除機で吸い取ります。

 

f:id:toshiki5911:20171119222319j:plain

 

正面下側のプレフィルターはここにあります↓

 

f:id:toshiki5911:20171119222320j:plain

 

これも同様に、掃除機でホコリを吸い取ります。

使ってみた感想ですが、運転しているとプレフィルターにホコリが溜まりやすくなり、そのためホコリセンサーが反応することがあります。

なので、このプレフィルターはこまめに掃除したほうが良いでしょう。

これらのお手入れを気になったらやっていますが、特に面倒くさいと思ったことはなく、手間では決してない思います。

 

ダイキンの加湿空気清浄機「ストリーマー」を使ってみた感想

ストリーマーを使ってみて、以下のメリットを大きく感じました。

  • 春先の花粉症の症状を和らげることができた!
  • 今のところ乾燥によるのどのハレや風邪を引くことが無くなった!

あと、うちの間取りが1LDKと少し手狭で、収納スペースもいっぱいいっぱいなのですが、ストリーマーはスリムであり置き場所に困らないので、とても重宝しています。

ストリーマーの優れた機能とデザイン性、コンパクト性にとても満足しており、かz九全員が大きく体調を崩すことなく健康でいられています。

 

まとめ

これから冬の乾燥の季節がやって来ます。

毎年乾燥でのどの調子が悪くなっている方、風邪を引きやすくなっている方、子供の体調管理に苦労している方にとっては、加湿器そして空気清浄機は冬を乗り切る必須アイテムだと思います。

機能性が優れた、かつ、デザイン性の良いダイキンのストリーマーで冬の乾燥を乗り切りましょう!