としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

ついにFP3級に合格!FP3級資格取得のための勉強法と合格のメリットをまとめておく!

f:id:toshiki5911:20171129175615j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

この度、嬉しいことにファイナンシャルプランナー(FP)技能士3級試験に合格し、FP3級の資格を取得することができました。

 

f:id:toshiki5911:20171129175946j:plain

 

そもそも、なぜFP技能士検定を受けたかというと、自分にお金の教養が足りないと思い、手っ取り早くお金に関する知識を身に付けるにはどうすればよいか考えた時に、真っ先に浮かんだのがFP技能士検定でした。

そんなわけで、試験日のおよそ3カ月前くらいから資格取得のために少しづつ勉強を始めたわけですが、無事に一発で合格できました。

今回は、FP3級の資格を取得するまでに僕がやった勉強法、また、僕が感じたFP資格を取得することのメリットについてまとめました!

 

 

FP3級資格取得で身に付けられるお金の知識

FP3級試験では、以下の内容の問題が出題されます。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスクマネジメント
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承

 ファイナンシャルプランナーが身に付ける知識は、会社運営のための知識だけではありません。

ファイナンシャルプランナーには、個人が生活する上で身につけておくべき知識も身に付ける必要があります。

特に、保険(リスクマネジメント)や金融資産運用、タックスプランニング(税金)、不動産、相続など、生きている上で必ず少なくとも1度は経験することに対する知識が問われることになります。

ファイナンシャルプランナーとして必要な知識であることに加えて、個人としても生きていく上で必要な知識であることは言うまでもないですね。

 

FP3級試験の実施機関と日程

FP資格試験の実施期間は以下の2つあります。

  • NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)
  • 一般社団法人金融財政事情研究会(金財)

ちなみに、どちらで試験に合格しても同等のFP資格を取得できます。

しかし、出題される問題が少しだけ異なりますのでご注意を(以下で説明します)。

また、日程は毎年3回(1月、5月、9月)実施されています。

 

FP3級の試験概要

FP3級試験の試験は以下の通りです。

  • 学科試験:マークシート形式(○×式30問、三答択一式30問、計60問)
  • 実技試験(金財):事例形式5題
  • 実技試験(日本FP協会):マークシート形式(三答択一式30問)

合格基準は、両方の試験でそれぞれ6割以上の点数を取ることです。

どちらか一方では合格にはなりません。

また、実技試験の傾向として、日本FP協会の方が比較的簡単な問題が出題される一方、金財ではマニアックな問題が出題されています。

なので、日本FP協会の方が合格しやすいとは言われています。

 

FP3級資格取得のために僕が実践した勉強法とおすすめ教科書

FP3級資格取得のために僕が実践した勉強方法は以下の通りです。

  • 試験3カ月前から毎日寝る前に15分程度FP3級の教科書を読む。
  • 試験1か月前から週末どちらか2時間程度、過去問を解く。

まずは、試験3カ月前から、毎日寝る前に15分ほど教科書を読んで、出題範囲全全体を把握する。

そして、1通り読み終わったら、次は少し速度を落としてもう一度読みます。

また、各章の終わりにある小問も解いてみます。

 2回くらい通しで読めば、おそらく6割くらいは頭に入っているのではないかと思います。

ある程度知識が頭に入ったら、週末まとまった時間を取れる時に問題集を利用して、過去問を解きます。

問題を解くことで、上で頭に入れた知識を定着させ、また、欠けていた知識を保管することができます。

僕はこのような方法で、FP3級資格を取得することができました。

ちなみに、僕が使用した教科書と問題集は以下です。

教科書↓

 

問題集↓

 

滝澤ななみさんの本はとても分かりやすくまとまっているので、おすすめです。

FP3級試験の勉強としては、この2冊だけで十分でした。

 

FP3級試験結果

僕は金財でFP3級試験を受けました。

上で日本FP協会の方が合格しやすいと書きましたが、その事実を知ったのが金財に既に試験申し込みをした後だったのです。

気を取り直して、これが僕のFP3級試験の結果です↓

 

f:id:toshiki5911:20171129180404j:plain

 

  • 学科試験:42点/60点(正答率70%)
  • 実技試験:39点/50点(正答率78%)

6割で合格ですので、合格点としては十分なのではないかと思います。

毎日コツコツと続けていくことで、FP3級に合格できる敏樹を身に付けることは可能と思います。

FP2級になるともっと深い知識が問われますので、もう少しまとまった勉強時間が必要になると思います。

 

FP3級資格取得のメリット

FP3級を取得するメリットを上げておきます。

  • 人生を賢く生きていく上で必要な知識(資産運用、税金、不動産など)、つまりお金の教養が得られる。
  • お金の教養が得られることで、人生をより賢く生きることができる。
  • これまで触れることのなかった新たな知識、分野に触れられる。新しいチャレンジになる。
  • 資格取得が人生のモチベーションになる。

後半についてはFP3級資格だけではないかもしれませんが、お金の教養と呼べる知識を身に付けられるのが一番大きなメリットだと思います。

 

最後に

今回FP3級に合格しましたが、正直FP3級の教科書を読むだけでも、人生を賢く生きるためのお金の教養がしっかり身に付けられると思っています。

例えば、基本的なところで言うと、ふるさと納税、医療費控除、セルフメディケーション税制、所得税計算、確定拠出年金、NISA、などです。

これらは基本的なことですが、まだまだ知らない人は多いのではないでしょうか。

これらの存在を知ることで払わなくてもいいお金を払わずに済みますし、それを使ってさらに資産を増やすことも可能です。

お金の教養が足りないと感じている方は、是非FP資格取得にチャレンジしてみてください。

新たな知識を得るkとが、人生のモチベーションになるかもしれませんよ。