としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

東京在住、石油会社に勤めているエンジニアのとしです。海外勤務、英語、育児、資産運用など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールVol.13「チャートの基本」の講義のポイントを簡潔にまとめておく!

f:id:toshiki5911:20170714225616j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

皆さんはファイナンシャルアカデミー株式投資スクールをご存知でしょうか?

ファイナンシャルアカデミーとは、お金の教養をはじめとして株式投資、不動産投資、FX投資などの資産運用方法などお金に関する知識が学ぶことができる総合マネースクールです。

僕は2017年4月から余剰資金を用いて資産運用を始めていますが、その中で株式投資に挑戦してみようと思い、ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資について学んでいます。

今回は、株式投資スクールのVol.13「チャートの基本」を受講しましたので、その内容を簡潔にまとめておきます!

 

株式投資スクールVol.13「チャートの基本」の講義のポイント

Vol.13「チャートの基本」の講義ポイントは以下の3つです。

  • 売買をするタイミングを見抜く

これを具体的なステップにすると、

  • STEP1:長期のトレンドが上昇トレンドであることを確認する
  • STEP2:いいタイミングで投資(買い)をする
  • STEP3:売りのルールを決める

それでは、それぞれを詳しく見ていきます。

 

①トレンドと継続性について

f:id:toshiki5911:20171204002033p:plain

トレンドには長期、中期、短期の3つがあります。

長期トレンドとは1年以上続くトレンドであり、52週移動平均線の向きがそれに当たります。

中期トレンドとは3週間以上続くトレンドであり、長期トレンド同じ方向を向くことが多いです。

短期トレンドとは中期トレンドの修正(中期トレンドが上昇して短期トレンドで下がる、など)となります。

f:id:toshiki5911:20171204002113p:plain

また、移動平均線には2つの性質があります。

1つ目は、株価が移動平均線から離れすぎると、株価が移動平均線に戻ってくる性質です。

また、2つ目は株価が移動平均線より上にある場合は株価が移動平均線に支えられ、移動平均線より下にある場合は移動平均線に抵抗を受ける性質です。

また、モメンタムはトレンドの傾き、つまり株価のトレンドの勢いのことを言います。

また、トレンドの継続条件としては、

  • 上昇トレンドが継続している時は、安値を割らずに高値を超える
  • 下降トレンドが継続している時は、高値を超えずに安値を割り込む

があります。

チャートを見て上の条件を満たしているか確認することで、トレンドが今後どうなると考えられるか推測することができます。

 

②絶対に覚えておきたいチャートパターン

以下のチャートパターンは基本なので、是非覚えておきたいです。

  • もみあいからの上放れ  →もみあい機関が長いほど良い
  • 上昇トレンドの押し目  →上放れを確認してから買う方が安全
  • 三角持ち合い      →トレンドが継続するパターンが多い
  • ダブルトップ(ボトム) →典型的な天井(底)のサイン
  • トリプルトップ(ボトム)→典型的な天井(底)のサイン
  • 三尊天井(逆三尊)   →典型的な天井(底)のサイン

 

③移動平均線の交差

f:id:toshiki5911:20171204002245p:plain

移動平均線の交差のことをクロスと言います。

短期線が長期線を上向きにクロスした点をゴールデンクロスと言い、これが起これば買いのサインであると判断されます。

また、逆に短期線が長期戦を下向きにクロスした点をデッドクロスと言い、これが起これば売りのサインであると判断されます。

このように移動平均線のクロスを売買のタイミングとして判断することが可能となります。

 

最後に

ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールのVol.13の講義のポイントをまとめましたが、チャート(テクニカル分析)の基本ついてを学びました。

この講義のまとめとしては、

  • 王道のテクニカル分析を覚える(ローソク足、移動平均線、チャートパターン)
  • トレンドの継続条件を覚える
  • チャートの慣れて買いのタイミングを考える

となります。

株式投資における分析手法のうちの1つであるテクニカル分析により、株の売買タイミングを判断できるようになります。

テクニカル分析は決して完全ではないですし、パターンに当てはまらないこともありますが、判断材料としてはとても大きな情報を得ることができます。

なので、基本となるパターンを覚えて株式投資に生かしていきたいですね。

株式投資にご興味がある方は、ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの無料体験学習会が定期的に開催されていますので、公式サイトをチェックしてみてください。