としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

楽天ヘビーユーザーの僕が楽天経済圏のサービスのスゴさをアマゾンと比較しながら分かりやすくまとめておく!

f:id:toshiki5911:20180104103012g:plainこんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は以前から楽天を利用していましたが、最近改めて楽天経済圏のサービス、ユーザーへの還元のすごさを思い知っています。

ですので、2018年からは楽天一本を利用していくことに決めました!

今回は、僕がすごいと思う楽天のサービスを一覧としてまとめてみました!

比較対象として同じEC大手のアマゾンと比較しながら説明していきます。

また、メリット・デメリットについてもまとめています。

 

楽天経済圏のサービス一覧まとめ

①楽天市場

f:id:toshiki5911:20180515233436p:plain

言わずと知れたEC、楽天市場。

膨大な店舗が楽天市場にあり、豊富な商品を取り扱っています。

楽天市場のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天スーパーポイントアップ制度を利用すれば、楽天市場におけるショッピングではポイント還元率がいつも最大13倍(13%還元)!
  • 楽天市場を根幹として、書籍(楽天ブックス)、クレジットカード(楽天カード)、携帯電話(楽天モバイル)、旅行(楽天トラベル)、中古品買取(楽天買取)など多くのサービスが利用可能。

 

f:id:toshiki5911:20180515233432p:plain

 

◆デメリット

  • 直販型のAmazonと比較して、モール型の楽天市場はサイトが使いにくい、気に入った商品が見つけにくい(サイトが使いにくい)。
  • Amazonプライムサービスが圧倒的に使いやすく、配送もAmazonより時間がかかる。

サイトとしてはアマゾンの方が圧倒的に使いやすく、ECサービスとしてはアマゾンに軍配が上がると思います。

ですが、ポイント還元率で言えば圧倒的に楽天の方が上ですので、今後ECサービスをもっと改善してくれるとありがたいです。

 

 

②楽天ブックス

楽天が運営する書籍販売サービスである、楽天ブックス。

楽天ブックスのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天ブックスでの買い物も楽天スーパーポイントアップ制度により最大11倍(11%還元)!

◆デメリット

  • kindleユーザーの僕としては、一度大量の電子書籍をkindleで購入済みなので、楽天kobo(楽天が運営する電子書籍サービス)に移行しにくい。

kindleで購入済みの電子書籍を楽天koboに移行できるサービスがあればありがたいなと思っています。

 

 

③楽天カード

楽天が運営するクレジットカードサービスである、楽天カード。

楽天カードのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天カードを使って楽天市場で買い物すれば、楽天スーパーポイントアップ制度により最大9倍(9%還元)!
  • 街での買い物も楽天カードを利用すれば、ポイント還元率最大2倍(キャンペーンへのエントリーが必要)!

◆デメリット

  • VISAクレジトカードの場合、アップルペイが利用できない。ただしクイックペイは利用可能(アップルペイを利用したい場合にはマスターカードである必要あり)。

Amazonにもクレジットカードサービスがありますが、ポイント還元率は最大2倍であり、ポイント還元率については楽天に軍配が上がります。

また、楽天スーパーポイントアップ制度における最大還元率8倍の恩恵を受けるため、僕は楽天ゴールドカードを利用しています(年会費2,160円)。

年会費無料の楽天カードでも、ポイント還元率は最大9倍になりますので、こちらの方が最初は良いかもしれません。

 

 

④楽天モバイル

楽天が運営する格安SIMサービスである、楽天モバイル。

楽天モバイルのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天モバイルで格安SIMを契約すれば、大手3社よりも大幅に携帯電話使用料を節約できる(5,000円前後の節約)!
  • 楽天モバイルで格安SIMを契約すれば、楽天スーパーポイントアップ制度により最大11倍(11%還元)!
  • 楽天モバイルの電話料金支払いもポイント還元対象であり、楽天スーパーポイントで料金支払いも可能!

◆デメリット

  • 同じ格安SIM会社のIIJmioよりも通信速度が体感で遅く感じる時がある。

Amazon独自の格安SIMサービスはなく、他社の格安SIMを取り扱っています。

僕は楽天モバイルに乗り換える前は同じ格安SIM会社であるIIJmioで契約していましたが、IIJmioの方が通信速度は早かったように思います。

ですが、今後楽天モバイルは本格的に携帯電話事業会社として大々的に投資をしていくとのことなので、今後通信速度については改善されていくことを期待しています。

 

 

⑤楽天トラベル

楽天が運営する旅行サービスである、楽天トラベル。

楽天トラベルのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天トラベルを利用すれば、楽天市場での買い物でポイント還元率が2倍になる!(2018年4月1日~)
  • 楽天IDを用いて楽天カードで決済すればポイント還元率は2倍!また、キャンペーンを適用すれば更なる還元が可能!
  • 楽天トラベルの料金支払いも楽天スーパーポイントで料金支払いが可能!

◆デメリット

  • 旅行代金が高く、エクスペディアなどの方が安い。

Amazonに旅行サービスは今のところありませんし、楽天経済圏で利用できるのはメリットなのですが、旅行代金が高いのが痛いです。

もっと安くなってくれればいいんですけどね。

ですが、エクスペディアなどの利用で楽天スーパーポイントがさらに還元されるRebates(リーベイツ)というサービスがあり、このサイトを経由すればポイント還元率がさらにアップします。

Rebates(リーベイツ)については、下で説明しています。

 

 

⑥楽天ふるさと納税

楽天が運営するふるさと納税サービスである、楽天ふるさと納税。

楽天ふるさと納税のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天スーパーポイントアップ制度により、ふるさと納税にも最大11倍のポイント還元(11%還元)!
  • 楽天ふるさと納税の料金支払いも楽天スーパーポイントで支払いが可能!
  • 返礼品の魅力が高い。また、年末になるとこぞって返礼品の増量(特に肉類)が多くなり、さらにお得!

◆デメリット

  • 取り扱っている自治体が他のサイトと比較してあまり多くない。

2018年1月4日現在で、Amazonではふるさと納税サービスは提供されていません。

ふるさと納税にも最大8%のポイントが付与されるなんて信じられないですね。

僕の2018年のふるさと納税は、楽天ふるさと納税一択で考えています。

 

 

⑦楽天ポイントカード

楽天が運営するポイントカードサービスである、楽天ポイントカード。

楽天ポイントカードのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 街での買い物に1%のポイント還元!楽天カードを利用すれば合わせて2%の還元!

◆デメリット

  • 楽天ポイントカードまたは楽天ポイントアプリが必要。
  • 楽天ポイントカードを使用できるお店が限られている。

Amazonではポイントカード制度はありませんね。

街での買い物でポイント還元が2倍になるのが楽天ポイントカードですが、もっと多くのお店で利用できるようになってくれればありがたいです。

 

 

⑧楽天エディ

楽天が運営する電子マネーサービスである、楽天エディ。

楽天エディのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 街での買い物に0.5%のポイント還元!キャンペーンにエントリーすれば更なる還元も可能!
  • 楽天カードでEdyチャージすれば、ポイント還元率が高くなる!

◆デメリット

  • 楽天EdyカードまたはEdy機能付き楽天カードが必要。
  • Edyが利用できるお店が限られている。

Amazonには電子決済サービスはありません。

コンビニなど街での買い物でポイント還元が増えるのメリットですが、楽天ポイントカードと同じくもっと多くのお店で利用できるようになってくれればありがたいです。

 

 

⑨楽天ペイ

楽天が運営する電子決済サービスである、楽天ペイ。

楽天ペイのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 街での買い物に0.5%のポイント還元!キャンペーンにエントリーすれば更なる還元も可能!

◆デメリット

  • 楽天ペイアプリが必要。
  • 楽天ペイが利用できるお店が限られている。

楽天ペイは楽天エディとほぼ同じサービスと言えますね。

 

 

⑩楽天銀行

楽天が運営する銀行サービスである、楽天銀行。

楽天銀行のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天証券と相性が良く、高い金利の適用が可能。
  • コンビニATM、大手銀行ATMで預入、引出が可能。

◆デメリット

  • 少額(3万円未満)の入金および出金の場合のATM利用手数料が大手銀行より割高。
  • 大手銀行よりも利用できるATMが限られている。

Amazonは金融サービスは提供していません。

僕は楽天銀行で口座開設をしてはいませんが、楽天証券で取引しているので、楽天銀行の口座を持っていてもいいかなとは思っています。

 

 

⑪楽天証券

楽天が運営する証券サービスである、楽天証券。

楽天証券のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天銀行と相性が良く、高い金利の適用が可能。
  • SBI証券と同様、取り扱い商品数が多く、取引手数料も少ない。
  • 取引ツール(MARKET SPEED、iSPEED)が抜群に使いやすい。

◆デメリット

  • 特に今のところ感じていません。

Amazonは金融サービスは提供していません。

僕はSBI証券と楽天証券で証券口座を開設していますが、取引アプリの使いやすさで楽天証券で株式投資をやっています。

株式投資をこれから始める方は、アプリの使いやすさが大きく投資に影響するので、楽天証券で口座開設する方がよいかもしれません。

 

 

⑫楽天買取

楽天が運営する中古品買取サービスである、楽天買取。

楽天買取のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天買取を経由して中古品買取を申請すると、買取金額に応じて楽天スーパーポイントが付与される。

◆デメリット

  • 楽天買取に登録された業者が限られている。

Amazonも中古品買取サービスも提供していますがポイント還元はないみたいですね。

ちなみに、僕はブックオフで本を売る時に楽天買い取りを利用したことがあります。

買取金額だけではなく楽天スーパーポイントまで還元されるのが、楽天の大きなメリットですね。

 

 

⑬楽天マガジン

楽天が運営する雑誌読み放題サービスである、楽天マガジン。

楽天マガジンのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 月額380円で200誌以上の雑誌が読み放題。

◆デメリット

  • 読めるのは雑誌に限定されている。

Amazonではプライム会員限定でプライムリーディングという無料読書サービスが提供されており、こちらでは雑誌限定ではなく雑誌以外の書籍も読むことができます。

 

また、楽天マガジンでは無料で1か月サービスを試すことができます。

雑誌を多く読む方で楽天マガジンが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

⑭楽天デリバリー

楽天が運営する宅配サービスである、楽天デリバリー。

楽天デリバリーのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天デリバリーの利用により楽天スーパーポイントが還元される。
  • 利用可能なお店がそれなりに豊富だと思われる(地方は不明です)。

◆デメリット

  • よく分かりません。

AmazonではAmazonアカウントで出前館にログインすることでデリバリーを注文できます。

また、アマゾンペイも利用できるようです。

僕は出前館は利用したことがありますが、楽天デリバリーは利用したことはありません。

利用する機会があれば、追記したいと思います。

 

 

⑮Rebates(リーベイツ)

楽天が運営するポイントバックストアサービスである、Rebates(リーベイツ)。

Rebates(リーベイツ)のメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天市場にないストアでの買い物にも楽天スーパーポイントが高還元される!
  • ショッピングの幅が広がる!

◆デメリット

  • 今のところ感じていません。

Amazonでは同様のサービスは展開されていません。

僕は、Rebates(リーベイツ)を経由して、アップルストア(ポイント還元率3.5%(当時))で妻のiPhone7を購入したり、スマホ買い替え時の古いiPhoneをゲオモバイル(ポイント還元率12.0%(当時))で買い取ってもらったりしました。

かなりの高還元率なので、本当におすすめです!

 

 

(おまけ)もらえるモール

楽天が運営するサイトではありませんが、楽天市場での買い物にさらにお得になるのがもらえるモールです。

もらえるモールのメリット・デメリットは以下の通りです。

◆メリット

  • 楽天市場における買い物でポイント還元が通常よりもさらに高くなる!

◆デメリット

  • 今のところ感じていません。

Amazonでは同様のサービスは展開されていません。

普通に楽天市場で買い物をするよりも、もらえるモールを経由して楽天市場で買い物をするとさらに楽天スーパーポイントが還元されるという、お得なんだけどもうよく分からないサービスです。

楽天ユーザーにとっては還元率がさらに高くなるので、こちらもおすすめです!

 

 

最後に

上でまとめたようにAmazonにはない多くのサービスが楽天経済圏では提供されており、ポイント還元率が極めて高いため、賢く生きるには楽天サービスを利用したほうがお得なのかなと僕は考えています。

まだまだ僕の知らないお得なサービスがあるかもしれませんので、ご存知の方は良かったら教えてください。

お得なサービスは賢くどんどん利用していきます!