としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【実績公開】2018年2月の最新の資産運用実績をまとめました!

f:id:toshiki5911:20170715020301j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

以前より資産運用に興味があって、2017年4月から余剰資金を使って資産運用を始めています。

僕が定年になるときには、今ほど年金を頼りにできない時代に確実になっていると思うので、資産は自分の手で作っていく必要があります。

今回は2018年2月の資産運用実績をまとめてみました!

 

ロボアドバイザー

人工知能(AI)を用いて自動で投資をしてくれるサービスです。 僕は、ウェルスナビTHEOで資産運用しています。 また、ウェルスナビに毎月3万円の積み立てもしています。  

ウェルスナビ

f:id:toshiki5911:20180103233809p:plain

2017年12月までの実績は以下の通り。

  • 2017年4月:1,018,811円(+1.88%)
  • 2017年5月:1,055,963円(+2.52%)
  • 2017年6月:1,130,174円(+3.69%)
  • 2017年7月:1,160,361円(+4.54%)
  • 2017年8月:1,163,314円(+4.80%)
  • 2017年9月:1,240,141円(+7.84%)
  • 2017年10月:1,258,325円(+9.42%)
  • 2017年11月:1,288,833円(+10.16%)
  • 2017年12月:1,339,792円(+11.65%)
  • 2018年1月:1,366,193円(+11.07%)
  • 2018年2月:1,295,503円(+2.82%)

米国株式市場の株価下落の影響に伴い、ウェルスナビの評価額も下落してしまいました。

魔の2月となりましたね。

ただ比較的早く始めたおかげでこれだけ下落してもまだプラスの評価ですし、下落した時は口数が多く買うことができます。

早くから始めておいて良かったと今では思っていますし、長期投資を前提として運用していますので、今後も期待しています。

 

THEO

f:id:toshiki5911:20171202215921p:plain

2017年10月までの実績は以下の通り。

  • 2017年5月:496,887円(-0.62%)
  • 2017年6月:508,892円(+1.78%)
  • 2017年7月:137,542円(+1.42%)
  • 2017年8月:136,844円(+1.29%)
  • 2017年9月:140,736円(+2.03%)
  • 2017年10月:143,426円(+2.53%)
  • 2017年11月:143,140円(+2.48%)
  • 2017年12月:145,963円(+3.01%)
  • 2018年1月:143,414円(+2.53%)
  • 2018年2月:136,054円(+1.14%)

こちらは ウェルスナビほどではありませんが、2月に下げましたね。

ただし、下げ幅はウェルスナビより小さく、適切にリスクコントロールされているのが分かります。

今後もじっくり見ていきます。

ロボアドバイザーサービスについては、以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

 

>>関連記事: 手間いらずの資産運用!投資一任運用型のロボアドバイザーサービスを比較・まとめてみた!

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングでも資産を運用しています。

今、実際に運用しているのはクラウドバンクmaneoSBIソーシャルレンディンググリーンインフラレンディングの4社です。

オーナーズブックさくらソーシャルレンディングについても口座開設していますが、投資したいと思う案件がないため、今は様子見しています。 

 

クラウドバンク

クラウドバンク の投資状況は以下の通りです。

  • 2017年4月:元本150万円で投資スタート
  • 2017年5月:1,394円分配
  • 2017年6月:6,569円分配
  • 2017年7月:7,066円分配、80万円の元本追加
  • 2017年8月:6,422円分配
  • 2017年9月:8,130円分配
  • 2017年10月:8,632円分配
  • 2017年11月:9,061円分配
  • 2017年12月:10,438円分配
  • 2018年1月:10,410円分配
  • 2018年2月:11,345円分配

ある程度まとまった元本を投資しており、分配金も再投資に回しているので、分配金が安定して10,000円を超えるようになりました。

クラウドバンクは再生可能エネルギー案件も取り扱っていますし、比較的短期の案件もあり、案件の種類が豊富なのがいいところです。

ただし、担保評価額はどのくらいなのかなど具体的な数値を投資家には示してくれていません。

maneoSBIソーシャルレンディンググリーンインフラレンディングのようにきちんと投資家に説明してくれている会社と比べると、少し不安ではあります。

これまでの実績から言って問題はないと思いますが、この点改善していただきたいと思っています。

また、1月31日付で太陽光発電ファンドのいくつかが、融資先企業の太陽光発電所の売買決済の遅れによる運用期間の延長したとの発表がありましたが、全額償還されました。

この遅延を受けて、リスクについて考えてみた記事が以下になります。

 

>>>関連記事:クラウドバンクで償還遅延が発生。この機会に投資におけるリスクについて改めて考えてみた。

 

どの投資にもリスクはつきものですから、リスクを適切にコントロールして資産運用したいですね。

クラウドバンクでは定期的に投資金額に応じてアマゾンギフト券をプレゼントするキャンペーンを行っています。

資産運用を始めようとしている方は、そういったキャンペーン期間に始めてみてもいいと思います。

 

maneo

maneoの投資状況は以下の通りです。

  • 2017年7月:元本140万円で投資スタート
  • 2017年8月:3,387円分配
  • 2017年9月:6,527円分配
  • 2017年10月:8,114円分配
  • 2017年11月:6,955円分配
  • 2017年12月:7,913円分配、元本360万円追加
  • 2018年1月:8,626円分配
  • 2018年2月:23,580円分配

2017年12月に元本を追加したおかげで、2月は2万円を超える分配金を得られました。

maneoクラウドバンクと同じく案件の種類が豊富なのがいいところです。

また、担保設定もしっかりしており、また案件説明が詳細であったりなど、投資家に対して十分な説明がなされている点が気に入っています。

また、maneoにはクラウドバンクより利回りの高い案件がありますし、定期的に利回りの高い案件をキャンペーンと題して提供してくれています。

これからソーシャルレンディングを始める方は、まずはmaneoで始めるのが良いと思います。

僕も今後はmaneoを中心に投資すべく、2017年12月に投資元本を追加し、ゴールドステータスに昇格しています。

今後もより良い案件に投資していきます。

 

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングの投資状況は以下の通りです。

  • 2017年7月:元本50万円で投資スタート
  • 2017年8月:分配なし
  • 2017年9月:3,129円分配
  • 2017年10月:2,442円分配
  • 2017年11月:2,213円分配
  • 2017年12月:2,289円分配
  • 2018年1月:2,670円分配
  • 2018年2月:2,060円分配

SBIソーシャルレンディングは、案件の種類が少ないですが、その分担保設定がしっかりしており、また案件説明が詳細であったりなど、投資家に対して十分な説明がなされている点が気に入っています。

特に定期的に募集されるオーダーメイドローンファンドは、比較的利回りも高めでおすすめです。

また、使いにくかったホームページも改善され、非常に分かりやすくなっています。

 

グリーンインフラレンディング

グリーンインフラレンディングの投資状況は以下の通りです。

  • 2017年7月:元本30万円で投資スタート
  • 2017年8月:分配なし
  • 2017年9月:3,854円分配
  • 2017年10月:2,517円分配
  • 2017年11月:2,280円分配
  • 2017年12月:2,354円分配
  • 2018年1月:2,753円分配
  • 2018年2月:2,124円分配

グリーンインフラレンディングは、再生可能エネルギーに特化したソーシャルレンディング会社です。

案件が再生可能エネルギー案件のみ(メガソーラー案件、バイオマス発電案件、水力発電案件など)であり、利回りが10%を超える案件がほとんどであることも特徴です。

利回りが高いということはリスクもその分高いということです。

その分担保設定がしっかりしており、また案件説明が詳細であったりなど、投資家に対して十分な説明がなされていると感じているので、グリーンインフラレンディングを利用することに決めました。

とはいえ、リスクは高いと認識しているので、投資元本を控えめにしています。

 

その他にも、海外案件が豊富なクラウドクレジット や不動産投資として人気があるラッキーバンクなどたくさんあるので、案件チェックはしていきます。

ちなみに、以下の記事にソーシャルレンディングに関してまとめていますので、参考にしてください。

 

 >>関連記事:【実績公開】ソーシャルレンディングを始めて半年経ったので、始め方と投資のポイントを初心者にも分かりやすくまとめておく!

 

投資信託

2017年6月から投資信託により長期投資前提で積み立て投資をしています。

また、2017年7月からセゾン投信SBI証券での積み立てを、2018年1月からは楽天証券でつみたてNISAによる積み立ても開始しました!

以下、運用実績です!

 

セゾン投信

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

セゾン投信でお手軽に国際分散投資できるインデックス投資信託と言えば、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

年間手数料も年間0.68%と高くありませんし、過去のパフォーマンスも良好です。

僕は毎月3万円の積み立てを行っています。

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年7月:119,984円(-0.01%)
  • 2017年8月:119,399円(-0.50%)
  • 2017年9月:142,411円(+1.72%)
  • 2017年10月:164,705円(+2.94%)
  • 2017年11月:183,614円(+2.01%)
  • 2017年12月:218,547円(+4.07%)
  • 2018年1月:249,412円(+3.92%)
  • 2018年2月:265,707円(-1.59%)

これも2月の米国市場の影響でマイナス評価となってしまいました。

ただし、長期投資を前提としていますので、気にせず毎月淡々と積み立てていきます。

 

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン投信で国際的に株式に分散投資できる投資信託が、セゾン資産形成の達人ファンドです。

年間手数料は1.35%とセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドと比較して安くはありません。

しかし、過去のを見てもそれ以上のパフォーマンスを残せていますし、何より長期的には資産を増やしていけると考えています。

セゾン資産形成の達人ファンドについても毎月3万円の積み立てを行っています。

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年7月:119,089円(-0.76%)
  • 2017年8月:118,499円(-1.25%)
  • 2017年9月:142,904円(+2.07%)
  • 2017年10月:167,091円(+4.43%)
  • 2017年11月:189,780円(+5.43%)
  • 2017年12月:225,444円(+7.35%)
  • 2018年1月:261,814円(+9.09%)
  • 2018年2月:274,489円(+1.66%)

これまでのところ、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドよりも良いパフォーマンスを見せていますが、やはり2月に大きく評価益を減らしていますね。

このまま順調に増えていってくれればいいですね。

 

セゾン投信は「急がないで歩こう」というキャッチフレーズのもと、徹底した長期投資を推奨しています。

セゾン投信の中野社長が講演されたセミナーのレポートを以下の記事にしていますので、参考にしてみてください。

 

>>>関連記事:【セミナーレポート】セゾン投信の中野晴啓氏が講演された「つみたて資産運用セミナー」に参加してきたので、内容をまとめておく!

 

SBI証券

SBI証券では以下のeMAXIS Slimシリーズを積み立てています。

eMAXIS Slim 国内株式インデックス

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年12月:160,263円(-0.15%)
  • 2018年1月:59,853円(+1.77%)→ポートフォリオ修正のためリバランス実施
  • 2018年2月:60,947円(-4.47%)

 

eMAXIS Slim 国内債券インデックス

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年12月:46,010円(+0.02%)
  • 2018年1月:199,402円(-0.13%)→ポートフォリオ修正のためリバランス実施
  • 2018年2月:220,368円(+0.32%)

 

eMAXIS 先進国債券インデックス

運用状況は以下の通りです。

  • 2018年1月:126,461円(-1.44%)
  • 2018年2月:134,602円(-4.39%)

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年12月:117,489円(+1.72%)
  • 2018年1月:136,942円(+6.98%)
  • 2018年2月:138,652円(-1.32%)

 

楽天証券(つみたてNISA)

楽天証券ではつみたてNISAの口座開設をしており、2018年1月から楽天・全世界株式インデックスファンドに毎月33,300円の積み立て投資をしています。

楽天・全世界株式インデックスファンド

運用状況は以下の通りです。

  • 2018年1月:33,666円(+1.10%)
  • 2018年2月:63,190円(-5.12%)

 

SBI証券は取り扱い商品数が多く、また取引手数料もその他証券会社と比較しても割安なのでおすすめです。

楽天証券は楽天ポイントを使って投資ができるので、楽天カードユーザーと非常に相性の良い証券会社です。

SBI証券楽天証券は取り扱い商品数がダントツに多いので、この2つののうちのどちらかで口座開設しておけば、まず間違いないでしょう。

 

企業型確定拠出年金

会社の制度である企業型確定拠出年金を利用して、以下の投資信託に積立投資をしています。

SMTAM・日株インデックスL

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年12月:236,419円(-0.31%)
  • 2018年1月:302,811円(+1.01%)→ポートフォリオ修正のためリバランス実施
  • 2018年2月:287,674円(-5.34%)

 

SMTAM・外株インデックスL

運用状況は以下の通りです。

  • 2017年12月:120,344円(+10.35%)
  • 2018年1月:301,346円(+4.20%)→ポートフォリオ修正のためリバランス実施
  • 2018年2月:283,578円(-3.32%)

 

また、僕は投資信託を選ぶ前に以下の本を読みました。

投資信託の選び方などが分かりやすく書かれているので、これから投資信託で資産運用を始める方にはおすすめです。

 

 

 

また、以下記事で報告しているポートフォリオに従って、投資信託やロボアドバイザーに積み立て投資を行っています。

>>関連記事:【2017年12月】資産運用の設定目標から現在のポートフォリオと今後のポートフォリオ戦略について考察してみた。

>>関連記事:資産運用目標を達成するためのポートフォリオ戦略をたてたので、その設定手順とポートフォリオの詳細についてまとめておく!

 

日本株投資

2017年6月からファイナンシャルアカデミー株式投資スクールで株式投資を勉強しています。

そして、9月にすべての授業を一通り終えたので、満を持して株式投資デビューしました!

投資元本については、2017年は90万円でやっていましたが、2018年は投資元本を300万円に増やして投資をやっています。

2018年2月の最終確定累計損益は以下の通りです。

 

f:id:toshiki5911:20180223163001p:plain

 

米国株式市場における株価下落に伴い、日本の株式市場でも株価が下落した影響により、1月の確定利益が吹っ飛び、大きな損失となりました。

株式投資を始めて以来初めての株価急落ということもあり、いろいろと勉強させていただきました。

気を引き締めて、2018年3月以降に良い結果を残せるように、継続して取り組んでいきます。

株式投資で意識していることは、ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールで教わった通り、業績がよく、割安で、チャートの形が良い中小型株に適切なタイミングで投資することです。

また、ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの無料体験学習会でもこのあたりのことは学べますので、株式投資に興味のある方はぜひ参加してみてください。

以下ブログ記事に体験レポートを書いていますので、参考にしてください。

 

>>関連記事:【レビュー】ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの無料体験学習会に参加してきたので、内容をまとめておく!

 

まとめ

今月もソーシャルレンディングの全ての案件から安定した分配があり、総額で38,000円程度の分配金が得られました。

特に何もしていませんし、ほったらかしにしている中で毎月3万円以上もの不当所得が入ってくるのはとても嬉しいことであり、これはとてもすごいことだと思います。

ロボアドバイザー、投資信託の2つは積立投資であり自動的に投資されていくので、月末時点しか確認していません。

今後は日本株投資にも注力していくつもりであり、良い投資案件と銘柄を探していきます。

 

最後に

2017年になって資産運用を始めたばかりの初心者ですが、少しづつ勉強しながらやってきた結果、好調な世界経済の影響もあって投資成績としては良好だったのではないかと思います。

資産運用は早く始めた方が絶対に有利ですので、思い立ったが吉日、2018年という新たな年を迎えて1カ月がたちましたし、明日からでも思い切って始めてみましょう!

2018年は新たにつみたてNISAという長期積み立て投資にぴったりの制度が始まっていますので、資産運用を始めるにはもってこいのタイミングだと思います。

資産運用がより身近なものになるよう、継続して資産運用実績は公開していきたいと思います。