としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

人生で初めての確定申告が終わりました!2017年の確定申告についてまとめてみました!

f:id:toshiki5911:20180308234209j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

2017年の確定申告を無事に終えて、郵送で提出しました!

お恥ずかしながら、今回の確定申告が人生で初めての確定申告であり、結構難しいのかなと勝手に想像していましたが、意外とあっさり終わりました。

今回は、人生で初めての2017年確定申告についてまとめてみました!

 

2017年の確定申告について

人生で初めてとなった2017年の確定申告では、以下について申告しました。

  • 雑所得
  • 医療費控除
  • 寄付金控除

雑所得については、ソーシャルレンディングからの分配金について申告しました。

また、医療費控除については、年間の医療費が10万円を超えていましたので、申告しました。

最後に、寄付金控除については、ふるさと納税での寄付金を申告しました。

ふるさと納税については、事前にワンストップ特例申告制度を利用していました。

しかし、医療費控除など確定申告が必要な方は寄付金控除で確定申告する必要があることを直前まで知らずにいましたので、ちょっと焦りました。

2018年からはワンストップ特例申告制度は利用しないつもりです。

 

実際の申告について

僕はカードリーダーを持っていなかったので、今回の申告は郵送で行いました。

各所得別に以下にまとめます。

 

①給与所得

まずは給与所得の入力から。

会社で発行された源泉徴収票を見ながら、以下を入力していきます。

  • 給与収入金額
  • 各所得控除金額
  • 源泉所得税額
  • 家族状況、など

全て源泉徴収票に記載されている情報なので、特に何かを調べる必要はありませんでした。

 

②雑所得

次に、雑所得の申告です。

雑所得で申告するのは、以下の4つです。

  • 収入金額の合計額
  • 必要経費の合計額
  • 源泉徴収税額
  • うち未納付の金額

これらをソーシャルレンディング業者から発行される年間取引報告書を参照しながら、記入していきました。

また、必要経費については、以下の本を参考に読みながら入力しました。

 

③医療費控除

次は医療費控除の申告です。

医療費控除の申告では、事前に医療費集計フォーム(エクセル)を作成しておくと、エクセルを読み込むだけで入力が完了し、申告画面でいちいち入力する手間が省けて便利です。

ちなみに、この医療費集計フォームは確定申告のホームページからダウンロード可能です。

医療費集計フォームで入力するのは、以下の5つです。

  • 医療を受けた人の氏名
  • 病院・薬局などの名称
  • 医療費の区分
  • 支払った医療費の金額
  • 支払った医療費のうち、補てんされる金額

これらをせっせと保管しておいた領収書を見ながらエクセルに記入していきます。

実際の申告画面では、このエクセルファイルを読み込むだけで終わりです。

計算してみると、医療費総額で13万円ほどあったようで、医療費控除として3万円強の所得控除となりました。

 

④寄付金控除

前述のとおり、医療費控除などで確定申告が必要な方は、ワンストップ特例申告制度を利用することはできず、寄付金控除で確定申告する必要があることを確定申告直前に知りました。

いちいち特例申告申請書を作成して郵送したのは一体何だったのか・・・。

なので、2018年からはワンストップ特例申告制度は利用しないつもりです。

さて、寄付金控除で入力する情報は以下の通りです。

  • 寄付年月日
  • 寄付の種類
  • 支出した寄付金の金額
  • 寄付先の所在地
  • 寄付先の名称

これらをふるさと納税した先の自治体から受領した寄付金受領証明書を見ながら入力していきます。

2017年は5自治体に計60,000円を寄付しました。

なので、事務手数料2,000円を差し引きした58,000円が所得控除されることになります。

また、2018年の住民税の減額が受けられる予定です。

 

⑤(おまけ)入力終了後は?

確定申告画面で入力を終えた後は、印刷画面に移ります。

ここで、入力情報をいちど保存しておいた方が、後々修正が必要となった場合などに便利です。

僕はPDFファイルを作成し、それを印刷して、押印欄に押印しました。

また、本人確認書類(マイナンバーカード、免許証、保険証など)をコピーして、書類に貼りつけ、返信用封筒を準備し、それらを全て郵送して確定申告作業は完了となります。

 

確定申告による所得税還付について

以上、4つの申告を終えた結果、所得税の還付は20,894円となりました。

果たして、この通りの金額が還付されるのでしょうか。

結果を楽しみにしたいと思います!

 

初めての確定申告を振り返って

今回が人生で初めての確定申告でしたが、案外あっさり終ったと感じています。

医療費集計フォームへの事前入力は手間でしたが、それ以外は特に困ることもなく難なく終了しました。

これだと来年以降の確定申告も問題なさそうです。

今年は白色申告を行いましたが、来年以降にもし副収入が増えてくるようであれば、控除額が多くなるメリットがある青色申告も検討したいと思っています。

税務署に承認されるかどうかは分かりませんが、やってみる価値はあるのかなと思います。

また、確定申告をやってみて初めて学んだこともいくつかありました。

これについては、別の記事にまとめたいと思います。

来年については、もっと節税についての知識を身に付けて、確定申告に臨みたいと思っています。