としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

カセットコンロとたこ焼きプレートを購入したので、たこ焼パーティをやってみた!最近のカセットコンロは進化していますね!

f:id:toshiki5911:20180308224934j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

大学生時代に京都に住んでいたこともあって、昔はよくたこ焼きパーティをしていました。

ですが、社会人になって以来、全くしていませんでしたが、最近お家でたこ焼パーティをしたいという要望が家族から上がったので、いろいろと道具をそろえてやってみました。

今回はたこ焼パーティとその道具についてまとめてみました!

 

たこ焼きパーティをするための道具まとめ

たこ焼パーティをするために必要な道具として、以下の道具が必要になってきます。

  • カセットコンロ
  • カセットコンロ用ガス
  • たこ焼きプレート
  • たこ焼きピック(たこ焼きを鉄板の上でひっくり返す道具)
  • 油引き

今回そろえた道具を紹介します。

 

①カセットコンロ

カセットコンロは以下のコンロを購入しました。

こちらのコンロに火をつけるとこうなります↓

f:id:toshiki5911:20180305232143j:plain

普通のコンロは火が上に向かって大きく出るのですが、これは炎が内側に出る内炎式エコバーナーで鍋底からこぼれるムダ火を抑制するようです。
また、加熱効率に優れ、通常型バーナーに比べ16%省エネとのこと。

カセットコンロもだいぶ進化しているということを身をもって理解しました(笑)

 

②カセットコンロ用ガス

カセットコンロはイワタニのコンロなので、それに対応しているイワタニのカセットコンロ用ガスを購入しました。

 

③たこ焼きプレート

たこ焼きプレートについても、イワタニのカセットコンロに対応しているプレートを購入しました。

④たこ焼きピック

 たこ焼きを上手にひっくり返すのに必要なたこ焼きピック。

竹串でもいいのですが、今回はちょっとだけ本格的に、フッ素加工を傷つけにくいピックを購入しました。

⑤油引き

意外と大事なのがプレートに油をまんべんなく引くための油引き。

正直言ってたこ焼き以外にいは使わないのですし、キッチンペーパーでも代理可能なのですが、あった方が便利です。

探してみると、キッチンペーパーを丸めて油引きにして使える道具があったので、これは便利ですね。

 

たこ焼きパーティをやってみました!

それでは道具がそろったということで、早速たこ焼きパーティの開始です。

 

f:id:toshiki5911:20180326230426j:plain

 

たこ焼きを作るための材料は、

  • 小麦粉
  • だし汁
  • たこ
  • キャベツ
  • ねぎ
  • 紅ショウガ
  • 揚げ玉

です。

キャベツを使うかどうかは意見が分かれるかもしれません。

たこ焼きプレートの箱に記載されていたレシピにはキャベツは含まれていませんでしたが、今回はキャベツをみじん切りにして入れてみました。

まずは、たこ焼きプレートをカセットコンロにのせて油を引き、プレートを弱火~中火でよく温めます。

 

f:id:toshiki5911:20180326230427j:plain

 

よくプレートが温まったら、

①生地をプレートひたひたくらいまで流し込む。

②たこを入れる。

③キャベツを入れる。

④ネギを入れる。

⑤揚げ玉を入れる。

⑥紅ショウガを入れる。

の順番で材料を入れていきます。

 

f:id:toshiki5911:20180326230428j:plain

 

あんまり多く入れすぎると、ひっくり返す時に困るので、ほどほどに。

奥は子供のたこ焼なので、紅ショウガを入れていません(笑)

生地に火が通ったら、いよいよたこ焼をピックでひっくり返します。

 

f:id:toshiki5911:20180305232127j:plain

ピックをたこ焼きの下の面に入れて、鉄板の丸い形に添ってくるくるっと回すのが、上手にひっくり返すコツです。

 

f:id:toshiki5911:20180326230429j:plain

 

1個は子供がどうしても我慢できず、食べてしまいました(笑)

たこ焼きができた後は、ソースをぬって、マヨネーズをかけて、お好みで青のり、鰹節をまぶしていただきます。

 

f:id:toshiki5911:20180326230430j:plain

 

たこ焼きの生地はお好み焼きの生地と違って、水分が多めになっているので、外はカリッ、中はトロトロに仕上がっています。

正直、めちゃくちゃ美味しかったです!

これなら毎週末たこ焼きパーティやってもいいですね!

 

たこ焼きパーティにおける注意点

以下、たこ焼きパーティにおける注意点をまとめます。

  • 火加減は中火~弱火で。火が強すぎると、フッ素加工が痛んで、焦げ付きやすくなります。
  • たこ焼きの生地は水分を多めにすると、外はカリッ、中はトロトロになります。
  • あまり中の具を入れすぎないこと。ひっくり返すのが大変になります。
  • 油を良く引くこと、ひっくり返しやすくなります。
  • 中の具はなるべく小さくみじん切りにすると、たこ焼きを作りやすくなります。雑に切ると、ひっくり返す時にはみ出たりします。

これらのことに気を付けて、美味しいたこ焼を作りたいですね!

 

最後に

家族で週末にたこ焼きパーティなんて素敵ですよね。

子供と一緒に作れば、盛り上がること間違いなし。

また、友人を呼んでたこ焼きパーティというのも盛り上がります。

ご家庭にたこ焼きセットを持っている方なんてなかなかないと思いますが、あれば家族で楽しむことができますよ。

うちでは買ってから毎週のようにたこ焼をしています。

一家に一台、本当におすすめです!