としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【株日誌】3/23の株式売買:買2(新規2)、売5。株価下落を受けて逆指値が刺さり損切りとなりましたが、2月上旬の経験を生かしています!

f:id:toshiki5911:20171103031133j:plain
こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2017年4月から余剰資金を用いて資産運用を始めていますが、その中で株式投資に挑戦してみようと思い、2017年7月からファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資について学んでいます。

3/23は、日中貿易戦争の懸念からNYダウが700ドル近く急落し、それを受けて日経平均が最大1000円近くも急落しました。

今回は、そんな荒れた相場の3/23の株式売買についてまとめてみました!

 

①3277サンセイランディックの株式売買

◆サマリー

以下の通りサンセイランディック株を売買しました。

  • 2月7日:1,307円、1,308円で計200株購入
  • 2月19日:1,383円で100株買い増し
  • 3月9日:1,281円で100株売却
  • 3月23日:1,216円、1,221円で計200株売却(全株売却)

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

サンセイランディックの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が11倍程度と割安
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中
  • 通期業績発表前に上方修正が発表された
  • 前日の株価下落で割安感が出ていた

また、購入時には以下の売買方針を立てていました。

  • とりあえず直近の高値の1,506円を目標
  • また、株価5%下落で全株売却

◆考察

買値の5%下で逆指値注文を入れていたら、刺さりました。

この急落ではしょうがないですし、これ以上の下げを回避すべく早めの損切としました。

 

②8891エムジーホームの株式売買

◆サマリー

以下の通りエムジーホーム株を購入しました。

  • 2月7日:1,262円、1,264円で計200株購入
  • 2月19日:1,326円で100株買い増し
  • 3月9日:1,235円で100株売却
  • 3月23日:1,211円、1,224円で計200株売却(全株売却)

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

エムジーホームの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が2倍以上に伸びている高成長株
  • PERが7倍程度と高成長株としては割安
  • 中長期(週足)の移動平均線のトレンドは上昇継続中
  • 第2四半期決算は会社予想をはるかに上回る好業績
  • 週足でちょうど押し目を形成

また、購入時には以下の売買方針を立てていました。

  • とりあえず直近の高値の1,540円を目標
  • 株価5%下落で全株売却。

◆考察

考察としてはサンセイランディックと同じです。

相場が荒れている時にはこまめな損切によるリスク管理が大切です。

また、引けの株価は売却価格よりも下げていますので、早めに損切して良かったと思っています。

 

③3143オーウイルの株式購入

◆サマリー

以下の通りオーウイル株を売買しました。

  • 3月20日:1,395円、1,396円で200株購入
  • 3月23日:1,315円で200株売却(全株売却)

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

オーウイルの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が14倍程度と割安
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中
  • 第3四半期決算も非常に好調

また、購入時には以下の売買方針を立てていました。

  • とりあえず直近の高値の1,616円を目標
  • 株価5%下落で全株売却。

◆考察

考察としてはサンセイランディックと同じです。

結果としてオーウイル株は3/23の安値で売却となり、その後1,359円まで戻して引けましたが、こればっかりはだれも分かりませんし、しょうがないとあきらめるしかないですね。

 

④4113田岡化学の株式売買

◆サマリー

以下の通り田岡化学株を売買しました。

  • 3月13日:3,333円で100株購入
  • 3月15日:3,320円で100株買増
  • 3月23日:3,150円、3,160円で計200株売却(全株売却)

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

田岡化学の株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が8倍程度と割安
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中
  • 第3四半期決算は好調、通期上方修正あり
  • 日足:75日移動平均線、週足:13週移動平均線で押し目を形成。

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず直近の高値の4,097円を目標
  • また、株価5%下落で全株売却。

◆考察

考察としてはサンセイランディックと同じです。

結果として田岡化学は売却価格よりも株価を下げており、75日移動平均線よりも大きく下に潜ってしまいました。

結果的にトレンドが大きく崩れる要因となったので、早めに損切してよかったと思います。

 

⑤6384昭和真空の株式売買

◆サマリー

以下の通り昭和真空株を購入しました。

  • 2月21日:2,600円で100株購入
  • 3月15日:2,731円で100株買増
  • 3月23日:2,458円、2,485円で計200株売却(全株売却)

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

昭和真空の株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去5年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が14倍程度とそこそこ割安
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中であり、10日移動平均線で押し目を形成
  • 第3四半期決算は良好(通期の上方修正済み)

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • 直近の高値2,845円をとりあえず目標とする。
  • 株価5%下落で全株売却。

◆考察

考察としてはサンセイランディックと同じです。

結果として昭和真空株は売却価格と同程度の株価で引けを迎えていますが、75日移動平均線よりも下に潜ってしまいました。

これも結果的にトレンドが崩れる要因となったので、損切してよかったと思います。

 

⑥6561ハナツアーの株式購入

◆サマリー

以下の通りハナツアー株を購入しました。

  • 3月23日:4,055円、4,075円で計200株購入

以下、投資方針を振り返ります。

◆投資方針

ハナツアーの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が30倍程度と割安とは言えない
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中であり、5日移動平均線に沿って力強く上昇中
  • 直近の2017年12月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが崩れるまで保有。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

このハナツアーは3/23の急落を受けて、他の銘柄が陰線で下げている中でも、陽線で終わり上昇トレンドを崩さない強い銘柄でした。

したがって、株価急落により下がったところで新規で購入しました。

5日移動平均線に沿ってどこまで上がっていくか、モニタリングしていきたいと思います。

 

⑦5965フジマックの株式購入

◆サマリー

以下の通りフジマック株を購入しました。

  • 3月23日:2,510円、2,511円で計200株購入

以下、投資方針を振り返ります。

◆投資方針

フジマックの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が10倍程度と割安である
  • 移動平均線の週足トレンドは上昇継続中であり、3月21日に75日移動平均線を上に突き抜けている(3本の移動平均線を上に抜けた)
  • 直近の第3四半期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず直近の高値である2,935円が目標。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

このフジマックは以前も保有していた株ですが、3月21日に75日移動平均線を上に突き抜けていた時点で買うかどうか迷っていたけど、その時は買わなかった株でした。

また、この株価急落時にも力強く陽線を示しており、3本の移動平均線の下に潜らなかったので、強いトレンドを維持できていると考えて購入しました。。

今後どうなるか、モニタリングしていきたいと思います。

 

2018年累計投資結果

2018年の累計株式投資結果をまとめておきます。

f:id:toshiki5911:20180323232805p:plain

3/23だけで損切12万円、2月以降の通算では45万円の損失となり、ここまではお世辞にもあまり良い成績とは言えません。

ただし、この2月、3月の試練から大切なことを学んでいますし、かなりの気づきもありますので、ここで学んだことを次の投資に生かしていきたいです。

また、今回新たにハナツアーとフジマックにインしましたが、こういう相場ですので、ある程度のキャッシュポジションを確保しています。

3/23の引け次点ではこの2つの銘柄が含み益を出しており安心していますが、今後しっかり見極めていきたいです。

焦らず、できるだけ早く、少しづつ累計投資結果が黒字になるようにして良ければと思います。

 

まとめ

継続は力なり、 タイミングを逃さず、好業績で強いトレンドを維持している銘柄の発掘と投資を継続していきたいです。