としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【株日誌】4/11~4/20の株式売買:損切の嵐再び!難しい相場なので、なかなか思うような結果が出なくて苦しいです。

f:id:toshiki5911:20171103031133j:plain
こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2017年4月から余剰資金を用いて資産運用を始めていますが、その中で株式投資に挑戦してみようと思い、2017年7月からファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資について学んでいます。

今回は4/11~4/20の株式売買をまとめてみました!

 

①9795ステップの株式売買

◆サマリー

以下の通りステップ株を売買しました。

  • 4月5日:1,740円で200株購入
  • 4月11日:1,726円で200株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

ステップの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が15倍程度とそこそこ割安
  • 日足トレンドで上昇継続中であり、25日移動平均線を上抜け、ゴールデンクロスを形成
  • 直近の2018年第1四半期期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず年初来の1,977円を目標とする。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

日足トレンドで上昇継続中であり、25日移動平均線を上抜け、ゴールデンクロスを形成

したのはいいですが、その後は下がっていき、ダマシでしたね。

損が膨らむ前に、撤退しました。

このブログ書いていて思いますが、損切って本当に大事ですね。

 

②6568神戸天然物化学の株式売買

◆サマリー

以下の通り神戸天然物化学株を売買しました。

  • 4月6日:4,690円で100株購入
  • 4月11日:4,126円で100株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

神戸天然物化学の株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が2倍以上に伸びている高成長株
  • PER(当時)が45倍程度と割安とは言えない
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中であり、5日移動平均線に沿って力強く上昇中
  • 直近の2017年第3四半期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが崩れるまで保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

5日移動平均線に沿って綺麗に上昇していたので購入しましたが、マザーズ市場のボラが大きく、損切ラインに引っかかって損切となりました。

新興株に対してどのように投資するか、基本的には長期投資となり握力が求められると思いますが、今の僕にはそれが無かったですね。

新興株への投資は難しく、もっと勉強および経験が必要となりそうですね。

 

③1419タマホームの株式買増

◆サマリー

以下の通りタマホーム株を売買しました。

  • 3月29日:1,410円で100株購入
  • 4月3日:1,496円で100株買増
  • 4月12日:1,471円で200株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

タマホームの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が19倍程度とあまり割安ではない
  • 不安定な相場でも移動平均線の日足トレンドは上昇継続中であり、ボリンジャーバンドでも2σラインに乗っている形で25日移動平均線からあまり乖離せずに徐々に上昇中
  • 直近の第2四半期決算は赤字ながらも前年度同期比と比較して赤字幅は縮小しており良好と判断される

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが続くまで継続保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

5日移動平均線にそって綺麗に上昇していましたが、決算が近くなるにつれて売りが目立ち、チャートが崩れてきたので、早々に撤退しました。

もともと、決算前に撤退するつもりでしたし、決算後に大きく売られたのを見ると、やはり売ってよかったかなと。

決算持越しはとても難しいですし、決算リスクは負わない方が良いかなと思います。

 

④3137ファンデリーの株式購入

◆サマリー

以下の通りファンデリー株を購入しました。

  • 4月3日:2,200円で100株購入
  • 4月17日:2,145円で100株売却
  • 4月20日:2,074円で100株購入

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

ファンデリーの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が33倍程度と割安とは言えない
  • 3月30日に大きな出来高を伴ってもみ合いから上放れ、上昇継続中
  • 直近の第3四半期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが崩れるまで保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

もみ合いからの上放れを捉えたつもりでしたが、そううまくはいきませんでしたね。

あまり伸び悩んでいたので、撤退しました。

その後、25日移動平均線で押し目を形成するような動きを見せていたので、再インしています。

今は本当に難しい相場なので、あまりリスクを取らずに、決算を超すまでは最小資金で売買していくつもりです。

 

⑤6561ハナツアーの株式売買

◆サマリー

以下の通りハナツアー株を売買しました。

  • 4月13日:4,694円で100株購入
  • 4月17日:4,126円で100株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

ハナツアーの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が30倍程度と割安とは言えない
  • 移動平均線のトレンドは上昇継続中であり、5日移動平均線に沿って力強く上昇中
  • 直近の2017年12月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが崩れるまで保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

上昇トレンドが続く強い銘柄であるハナツアーですが、4月16日、17日に大きく調整され、損切となりました。

結構大きな損切になったのですが、逆指値を入れていなかった僕のミスですね。

長期投資をしていない僕にとっては、やっぱり逆指値による自動損切は必要だなと感じました。

それにしても大きな痛手となりました。

 

⑥5965フジマックの株式売買

◆サマリー

以下の通りフジマック株を購入しました。

  • 4月13日:2,720円で100株購入
  • 4月18日:2,495円で100株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

フジマックの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が10倍程度と割安である
  • 移動平均線の週足トレンドは上昇継続中であり、3月21日に75日移動平均線を上に突き抜けている(3本の移動平均線を上に抜けた)
  • 直近の第3四半期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず直近の高値である2,935円が目標。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

ちょうど更に高値を超えていこうかというところでインしたのですが、その後大きく下がってしまい、損切となりました。

これも逆指値を入れていなかったので、大きな損切となりました。

 

⑦2471エスプールの株式購入

◆サマリー

以下の通りエスプール株を購入しました。

  • 4月12日:1,409円で200株購入
  • 4月18日:1,264円、1,265円で100株ずつ売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

エスプールの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が46倍程度と割安ではない
  • 不安定な相場でも移動平均線の日足トレンドは上昇継続中であり、3/23の株価急落時も陽線を記録
  • 直近の2017年11月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが続くまで継続保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

ちなみに、この銘柄はファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールでも取り上げられていた銘柄でした。

◆考察

4月18日に大きく売られたところで、損切しましたが、その後持ち直しているんですよね。

25日移動平均線を割っておらず、そのまま推移しているので、また今後タイミングがあれば再インし様かなと思います。

 

⑧4979OATアグリオの株式購入

◆サマリー

以下の通りOATアグリオ株を購入しました。

  • 3月29日:3,710円で100株購入
  • 4月20日:3,665円で100株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

OATアグリオの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が15倍程度とそこそこ割安である
  • 不安定な相場でも移動平均線の日足トレンドは上昇継続中であり、25日移動平均線で押し目を形成し上昇中
  • 直近の2017年12月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • PER20倍あるいはとりあえず上昇トレンドが続くまで継続保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

OATアグリオはあまり調整されていない銘柄ですが、あまり大きく動きがない銘柄のため、他の銘柄に投資をすべく売却しています。

投資資金も少なく、機動的に投資をしていきたいと考えた故の決断です。

 

⑨6200インソースの株式売買

◆サマリー

以下の通りインソース株を購入しました。

  • 4月18日:4,985円で100株購入
  • 4月20日:4,575円で100株売却

以下、投資方針と売買を振り返ります。

◆投資方針

インソースの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が70倍程度と割安ではない
  • 不安定な相場でも移動平均線の日足トレンドは上昇継続中であり、3/23の株価急落時も陽線を記録
  • 直近の2017年11月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが続くまで継続保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

◆考察

この銘柄はファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールでも取り上げられていた銘柄でした。

4月19日に第2四半期中間決算の上方修正を出したのですが、もうすでに株価に織り込まれていたのか、大きく売られ調整されてしまいました。

そこで、損切基準を割ったため、損切しています。

やはり決算プレイは難しいですね。

 

⑩6677エスケーエレクトロニクスの株式売買

◆サマリー

以下の通りエスケーエレクトノニクス株を購入しました。

  • 4月20日:2,555円で100株購入

以下、投資方針を振り返ります。

◆投資方針

エスケーエレクトロニクスの株式購入時の投資方針を立てた時の情報は以下の通りでした。

  • 過去3年間で営業利益/純利益が順調に伸びている好業績株
  • PER(当時)が17倍程度と普通
  • 不安定な相場でも移動平均線の日足トレンドは上昇継続中であり、25日移動平均線に沿って緩やかに上昇中
  • 直近の2017年11月期決算は良好

また、購入時には以下の売買方針を立てました。

  • とりあえず上昇トレンドが続くまで継続保有。ただし、こまめに利確していく。
  • 株価5%下落で損切、全株売却。

ちょうど25日移動平均線でサポートされ、それに沿って上昇しており、25日移動平均線付近まで下がってきたところでインしました。

今後、モニタリングしていきます。

 

2018年累計投資結果

2018年の累計株式投資結果をまとめておきます。

 

f:id:toshiki5911:20180422220341p:plain


2月、3月の悪夢再びですね。

4月は株価が上がるアノマリーがあるそうですが、大きく損失が膨らみ、マイナス20%超えとなりました。

今の相場はとても難しく、購入する銘柄の判断がとても難しいです。

そういう中では逆指値が不可欠とは思いますが、より厳しい損切基準にした方がよいのかどうか悩みどころです。

現在の保有株は以下の通りです。

  • 3137ファンデリー
  • 6677エスケーエレクトロニクス

上記2銘柄だけ単元株のみ保有しています。

読めない、難しい相場ですので、最小単位で保有しつつ、決算が落ち着くまでは様子見していこうかと考えています。

今後も状況を見ながら、こまめな利確、損切を意識して売買していきたいです。

 

また、最近の売買や株価の値動き、チャートを通じて強く感じていることですが、最近チャートを見ていて思うのは、この不安定な相場でも利益を確実に利益を出すためには、

  • もみ合いからの上放れ
  • 新高値更新銘柄
  • 上昇トレンドの強い銘柄

の3つのどれかに当てはまる銘柄に投資をすることが大切なのかなと感じています。

この中で、上放れ銘柄については、上放れて数日は上昇が続きますが、しばらくすると投資家の利確衝動が働き、上昇基調がなくなるように感じます。

ただし、初動を捉えることができれば、有効な投資方法かなと思います、

ちなみに、初動を捉えるテクニカル分析を用いた投資方法としては、以下の本に大変わかりやすく書かれていますので、参考にしてみてください。

 

また、上で述べたように、新高値更新銘柄というのもそれ自体がカタリストになり、強いのではないかと考えています。

上放れのようにものすごい勢いで上昇してしまうと投資家に利確させてしまうことになるので、それをかわしつつ上昇し続ける銘柄がいいのかなと。

現在の保有株のタマホームやステップなんかが安定してていいですね。

 

まとめ

継続は力なり、 タイミングを逃さず、好業績で強いトレンドを維持している銘柄の発掘と投資を継続していきたいです。

冒頭でも述べた通り、2017年7月からファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資について学んでいます。

ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールで株式投資で学んだことについては以下記事に概要をまとめていますので、株式投資に興味のある方はのぞいてみてください。

 

>>>関連記事:ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの全てをまとめました。株に興味があって真剣に勉強したい人はこの記事から始めよう!

 

ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールでは、株式投資についてしっかり効率よくまとめて学ぶことができるので、本当におすすめです。

無料体験学習会も定期的に開催しているので、ご興味のある方はぜひ参加してみてください。

何か思わぬ気づきがあるかもしれません。