としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【レビュー】ファイナンシャルアカデミー投資信託スクールの無料体験学習会に参加してきたので、内容をまとめておく!

f:id:toshiki5911:20170923121248j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

皆さんはファイナンシャルアカデミー株式投資スクールをご存知でしょうか?

ファイナンシャルアカデミーとは、お金の教養をはじめとして株式投資、不動産投資、FX投資などの資産運用方法などお金に関する知識が学ぶことができる総合マネースクールです。

僕は個人で資産運用を始めていますが、お金の教養については本を読んで知識を取り入れるだけであり、誰かにしっかりと教わったことはありませんでした。

ファイナンシャルアカデミーでは、株式投資や不動産投資だけでなく、最近は着実に資産を増やす方法として投資信託に関する無料セミナーを開催しており、それが 「投資信託スクール」無料体験学習会です。

今回、「投資信託スクール」無料体験学習会に参加してきたので、その内容をまとめておきます!

 

 

ファイナンシャルアカデミーとは?

ファイナンシャルアカデミーとは、お金の教養を身に着けるための日本唯一の総合マネースクールです。

創立は2002年で、これまでに40万人を超える方が受講しています。

ファイナンシャルアカデミーの特徴は独立系のスクールということであり、金融商品の販売・紹介は一切行わない、中立的な経営を行っています。

僕が「投資信託スクール」無料体験学習会に参加した時も、一切商品の紹介は受けませんでしたし、勧誘も受けませんでした。

ファイナンシャルアカデミーは以下の5つにこだわりを持って、マネースクールを運営しています。

 

①金融商品ではなく、お金の知識のみを受講者に提供する。

前述しましたが、本スクールの特徴は独立系のスクールということであり、金融商品の販売・紹介は一切行っておりません。

②スクールカリキュラムは校外有識者によりチェックを受けている。

竹中平蔵さんを始め、有識者の方にカリキュラムをチェックしてもらい、第3者からの視点を取り入れたカリキュラムとなっています。

③体系的に学べるカリキュラム

多くの種類の講座、また同じ内容でも異なる方法のセミナーが用意されているので、体系的に学べるカリキュラムとなっています。

④徹底した講師育成

ファイナンシャルアカデミーでは徹底して講師の育成を行っており、受講者のアンケート調査に基づき満足度が90%以下の講師を登壇させないようにしているほど、厳しく指導しているとのことです。

⑤人格形成の一助となることを目指している

お金の教養を授けるだけではなく、お金の知識を得ることを通じてその人の人格形成の一助となることも目指しています。

 

投資信託スクールとは?

ファイナンシャルアカデミーではお金の教養に関する無料セミナーを定期的に開催しています。 それが、「投資信託スクール」無料体験学習会です。

この講座では、講義時間1.5時間の間に以下の入門編の知識が学べます。

  • なぜ投資信託なのか?
  • 投資信託とは何か?
  • 投資信託を選ぶうえで気を付けたいこと
  • 投資信託での資産運用と税制優遇制度について
  • 投資する際に見るべき指標の一部紹介

投資信託って何だかよく分からない方、資産運用の初心者の方にとって分かりやすい体験会となっていると実際に体験学習会に参加してみて感じました。

 

投資信託スクール 」無料体験学習会はこんな人におすすめ!

投資信託スクール 」無料体験学習会はこんな人におすすめされています。

 

f:id:toshiki5911:20180605225001p:plain

引用元:ファイナンシャルアカデミー

 

基本的なところから少しでも投資信託の知識を身に着けたい方、投資信託で資産運用を始めたいけど何から始めればよいか分からない方におすすめです。

 

 投資信託スクール 」無料体験学習会はどこで受講できるの?

投資信託スクール」無料体験学習会は、東京にあるファイナンシャルアカデミーの新宿教室で受講することができます。

公式ホームページで場所、日程、時間などが確認できますので、気になる方は一度確認してみてください。

 

投資信託スクール」無料体験学習会を受講してみた!

先日、新宿で「投資信託スクール」無料体験学習会を受けてきました。

僕はこれまで投資信託での資産運用は行ってきましたが、新たな学びもありましたので、ここで学んだことはとても新鮮でした。

以下、僕が「投資信託スクール」無料体験学習会で学んできた内容をまとめておきます。

 

投資信託スクール体験学習会のゴールは何か?

ファイナンシャルアカデミー投資信託スクールでは、以下の通りのゴールを設定しています。

  • 投資信託で2,000万円の資産を築くこと

 

このゴールに向けて、投資信託スクール体験学習会では、以下のゴールが設定されていました。

  • 投資信託で2,000万円の資産を築くための道筋が見えること

 

②なぜ目標額が2,000万円なのか?

 

 ここでは、夫婦2人で定年退職後60歳~84歳までの25年間生活する上で必要な平均コストが以下の通り紹介されました。

  • 総コスト:7,735万円
  • 年金受給額:4,359万円
  • 退職金:1,000万円
  • 不足額:約2,300万円

つまり、定年退職後に必要なお金の不足額が約2,000万円であり、これを投資信託で作るということでした。

 

③投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めた資金を資産運用のプロが投資して運用するファンドのことを言います。

投資信託には以下の特徴があります。

  • 投資のプロが運用する。
  • 少額から分散投資ができる。
  • 毎月の積み立てで大きく増やせる(複利効果)。

また、貯蓄や保険と違って、年間数%の平均リターンで複利効果で運用できるため、長期投資では毎月の積立額が少なくて済むというメリットもあります。

ただし、欧米に比べて日本では投資信託の普及率は半分以下と、まだまだ普及されていないようです。

 

④2,000万円作るまでの道筋とは?

例として、年率平均5%のリターンで25年間長期運用すると仮定した場合に2,000万円作るために必要な毎月の投資積立額は約3万円となります。

つまり、毎月約3万円をいかに確保するかが大切になります。

ここで、毎月3万円を確保するコツが先取り貯蓄です!

給与の残りを貯蓄に回すよりも、給与が振り込まれた直後に3万円を別口座に移すことで、残った給与で生活することを意識づけた方が貯蓄は上手くいきます。

また、毎月自動で銀行口座から証券会口座に一定金額を振込み、投資信託を自動で買い付けてくれる©サービスもあるので、これを利用するのがおすすめです。

 

⑤国がサポートする税制優遇制度とは?

国が国民の資産運用をサポートする制度として、以下の税制優遇制度があります。

  • NISA
  • つみたてNISA
  • iDeCo

NISAとは、少額投資非課税制度のことであり、年間120万円(X 5年間)までの運用益および配当金が非課税となる制度です。

つみたてNISAとは、長期投資と相性の良いNISA制度であり、年間40万円(X 20年間)までの運用益および配当金が非課税となる制度です。

最後にiDeCoとは、個人型確定拠出年金制度であり、60歳になるまで掛け金を引き出すことはできませんが、NISAおよびつみたてNISA制度と同じく運用益および配当金が非課税となるだけでなく、掛け金が全額所得控除される点もメリットです。

これらの制度を優先的に利用すれば、資産を効率的に増やすことができるようになります。

 

⑥投資信託の上手な選び方とは?

2017年10月時点で、投資可能な投資信託は全部で6,149本あります。

この中から自分に合った最適な投資信託を選ぶ方法を投資信託スクールでは学ぶこととなります。

この体験学習会では、カリキュラムの一部である指標の見方について、講義がありました。

投資信託のパフォーマンスをチェックする時に見るべき指標として、以下の3つが挙げられます。

  • 騰落率
  • ベータ値
  • コスト

騰落率とは、ある一定期間に、その投資信託の評価額がどの程度上下したかを表す指標です。

これにより、投資信託の優劣をつけて、さらには自分のリスク許容度に合っているかを判断することが可能となります。

次に、ベータ値とは、どの程度市場(インデックス)と同じ動きをするかを表す指標です。

ベータ値が1に近ければ近いほど、市場(インデックス)と同じ動きをしているということになります。

最後に、できるだけコストの低い投資信託を選ぶ必要があります。

特に、同じ市場(インデックス)に投資をしている場合には、コストが低い方がパフォーマンスも良くなります。

 

⑦投資信託選びの失敗例とは?

主な失敗例として、以下が挙げられました。

  • 金融機関のおすすめ商品を選ぶ
  • ランキング上位の商品を選ぶ
  • 流行の商品を選ぶ

まず、金融機関がおすすめしてくる投資信託は、金融機関が儲けるための商品であり、投資家にとってコストが高い商品である場合が多いです。

従って、投資家目線であれば、資産が増えにくい商品であると言えます。

また、ランキング上位に挙がっている商品については、ランキングの基準はあくまで過去の成績であり、これから将来のパフォーマンスを保証するものではありません。

最後に、流行の商品については、これについても金融機関が売りやすい商品であり、それに投資する場合には、その流行が一過性の物でないかどうかを見極める必要があります。

 

最後に

今回、「投資信託スクール」無料体験学習会に参加し、備忘録がてらその内容を簡単にまとめてみました。

この講座で学ぶことはあくまで入門的知識ですが、これからの自分を変えようと思っている方、これから資産運用を始めてみようと思っている方にとっては大きな第一歩となると言えます。

無料で受講できますし、もし投資信託スクールを受講したいと思ったら、無料体験学習会経由で申し込むと受講料が割引されるので、普通に申し込むよりもお得です。

投資信託にご興味がある方は、ファイナンシャルアカデミー投資信託スクールの無料体験学習会が定期的に開催されていますので、公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

ちなみに、ファイナンシャルアカデミーでは「お金の教養講座」や「株式投資スクール」の無料セミナーも開催しています。

お金の教養や株式投資の知識を身に付けたいと思っている方は、こちらもおすすめなのでチェックしてみてください!

以下、僕が参加した時のレポートを記事にしていますので、参考にどうぞ!

 

>>>関連記事:【レビュー】ファイナンシャルアカデミーの無料セミナー「お金の教養講座」を受けてきたので、内容をまとめておく!

 

>>>関連記事:【レビュー】ファイナンシャルアカデミー株式投資スクールの無料体験学習会に参加してきたので、内容をまとめておく!