としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【実績公開】2018年6月末時点の積立資産ポートフォリオ実績、ボーナスを利用したノーセルリバランス結果をまとめてみました!

f:id:toshiki5911:20171209225936p:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

以前より資産運用に興味があって、2017年4月から余剰資金を使って投資信託の積立投資による資産運用を始めています。

今回は、2018年6月末時点における積立資産のポートフォリオおよびボーナスを利用したノーセルリバランス結果を公開します!

 

2018年6月末時点の積立投資信託について

2018年6月末時点において積立投資をしている投資信託は以下の通りです。

◆企業型確定拠出年金口座:

外国株式インデックスL

◆つみたてNISA口座:

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

◆ロボアド口座(ウェルスナビ):

米国株ETF(VTI)

日欧株ETF(VEA)

新興国株ETF(VWO)

米国債券ETF(AGG)

金ETF(GLD)

不動産ETF(IYR)

◆特定口座:

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)インデックスファンド

eMAXIS Slim先進国株式インデックスファンド

eMAXIS Slim新興国株式インデックスファンド

◆ネット銀行:

定期預金

 

主力を楽天・全世界株式インデックス・ファンドとし、補完としてeMAXIS Slimシリーズにも積み立てています。

この積立による平均コスト(信託報酬)は0.33%となっています。

ウェルスナビのコスト(手数料)が年額1%と高いですが、DeTax機能により0.5%まで下がると想定すると、平均コスト(信託報酬)は0.28%まで下がるため、現状ではこれで十分かなと考えています。

ちなみに、以下記事ではウェルスナビの手数料が高いのかについて、僕なりに考察しています。

 

>>>関連記事:ウェルスナビの手数料は少額積立サラリーマン投資家にとって高いのか?ETF直接買付と比較して、リターン・コストを計算・検証してまとめてみた!

 

目標ポートフォリオと2018年6月末時点のポートフォリオ実績

2018年6月末時点では、目標ポートフォリオを以下の通り定めています。

 

f:id:toshiki5911:20180702230604p:plain

 

一方、2018年6月末時点における資産ポートフォリオ実績は以下の通りでした。

 

f:id:toshiki5911:20180702230600p:plain

 

この実績から、

  • 国内株式の割合が少ない
  • 先進国株式の割合が多い
  • 国内債券(定期預金)の割合が少ない

ということが分かりました。

6月末でボーナスが入りましたので、目標ポートフォリオに近づけるため、ノーセルリバランスを行います。

 

ノーセルリバランス結果

上記目標ポートフォリオとの乖離結果から、ボーナスを利用して以下の資産を追加購入しました。

  • eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)インデックスファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 定期預金

上記資産購入後のポートフォリオは以下の通りとなりました。

 

f:id:toshiki5911:20180702232254p:plain

 

定期預金の割合が少ないかもしれませんが、その他債券や現物・先物と合わせると20%程度となっていますので、これで問題なしとしました。

今回はこれでリバランス完了ですが、引き続きポートフォリオのモニタリングを継続していきます。

 

最後に

今回、2018年6月末時点における積立資産ポートフォリオを公開しました。

ポートフォリオの現状を定期的に見直し、リスク管理を行うことは、資産運用をする上で非常に重要だと考えています。

引き続き年2回ポートフォリオをチェックし、ボーナスを利用してノーセルリバランスを行う予定です。

本記事が、皆さんの資産運用の一助となれば幸いです。