としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【実績公開】2018年6月のソーシャルレンディングのポートフォリオを考察してみた!

f:id:toshiki5911:20180527220552p:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

僕は2017年から資産運用を始めており、現在は積立投資、株式投資、ソーシャルレンディングで主に資産運用しています。

積立投資(投資信託、ロボアド)では積立資産のポートフォリオを作成し、このポートフォリオに沿って運用がなされているか定期的にチェックをしています。

そして、今後は積み立て投資と同様にソーシャルレンディングでもポートフォリオを確認し、リスク管理に努めたいと思います。

従って、今回はソーシャルレンディングのポートフォリオの現状を考察し、今後の運用方針をまとめてみました!

 

 ポートフォリオの現状を考察する!

今回の機会を利用して、現状どのソーシャルレンディング事業者に、どの案件に、どのくらい投資しているのかを以下の通りに整理してみました。

ソーシャルレンディング事業者別ポートフォリオ

まずは、投資先ファンドを事業者別にグラフ化してみると、以下の通りとなりました。

 

f:id:toshiki5911:20180705231332p:plain

 

上のグラフの数字は各事業者への投資金額の割合(%)を示しています。

これを見ると、投資総金額の6割弱をmaneoへ投資していることが分かります。

これについては、maneoのゴールドステータスを取得するためにあえてそうしたので、しょうがないと考えております。

ただし、これ以上のステータスは必要ないと考えており、また、分散投資の観点からも、今後はSBIソーシャルレンディングクラウドバンクに投資していきたいと考えています。

また、トラストレンディングクラウドクレジット など興味のある新たな事業者への口座開設を進めており、口座開設が完了次第、投資をしていくつもりです。

今後はより分散投資を意識していくつもりです。

 

案件利回り別ポートフォリオ

さらに、案件利回り別にグラフ化したのが、下の図になります。

 

f:id:toshiki5911:20180705231329p:plain

 

上のグラフの数字は各利回り別案件への投資金額の割合(%)を示しています。

投資金額全体のおよそ4割強を利回り6%代の案件に投資しており、次に多いのが7%代、その次が8%代の案件ということが分かります。

これには、maneoのゴールドステータスのおかげで比較的高利回りの案件に投資できていることという事情があります。

これを基に、投資金額加重平均利回りを算定すると、平均利回りは6.9%となりました。

僕の方針として、ソーシャルレンディングでは税後利回り5%を目指しているため、税前利回りが6.9%というのは、少しリスクを取り過ぎているかなと感じています。

税後利回り5%というのは税前でいうとおよそ6.3%ですので、今後はこの税前利回りが6.3%程度に落ち着くよう、案件を選別していきたいと思います。

具体的には、不必要に高利回り案件を狙わず、適切な利回りの案件に投資をしていくこととします(例えば、maneoのステータス別優遇案件のように同リスクでより高利回り案件に投資ができる場合は別です)。

本当は案件利回りよりも貸付利回りでポートフォリオを整理した方がリスクをより適切に評価できると思うのですが、貸付利回りは多くの事業者が開示していません。

現時点では案件利回りで評価するしかないのかな、と考えています。

 

最後に

今回、ソーシャルレンディングの投資案件を整理し、ポートフォリオを考察してみましたが、ポートフォリオを意識していないと、適切にリスクをコントロ―ルするのは難しいと改めて感じました。

引き続き、定期的に、毎月のペースでソーシャルレンディングのポートフォリオの現状を把握し、リスクを適切にコントロールしていきたいと考えています。

今回は手作業でポートフォリオを作成しましたが、クラウドポートのサイトには自動でポートフォリオを作成する機能があります。

ただし、maneoの案件には対応していないため、僕は自分で作成しましたが、maneo に投資をしていない方は、自動でポートフォリオを作成し、考察してみてはいかがでしょうか。

 

>>>関連リンク:クラウドポート マイ投資レポート