としぶろぐ ~いつもの日常に豊かさを~

株式投資、積立投資などの資産運用、お金の教養、育児など、日々の生活を豊かにする情報を発信していきます。

【宮城】宮城県東鳴子温泉の旅館大沼に宿泊してきた!田舎風景、自然、美味しい食事と露天風呂のクオリティは最高でした!

f:id:toshiki5911:20180726124223j:plain

こんにちは、とし(@toshiki5911)です!

先日、家族で宮城県東鳴子温泉の旅館大沼に宿泊してきました。

僕にとって初めての東鳴子温泉で、しかも旅館に宿泊するということで、温泉と食事をとても楽しみにしていましたが、その両方で最高のクオリティを味わうことができました。

また、子供も楽しんでくれたようで、とてもいい思い出を作ることができました。

今回は、宮城県東鳴子温泉の旅館大沼に宿泊して感じたことをまとめてみました!

 

東鳴子温泉・旅館大沼に到着

東京から東北新幹線に乗り古川駅に着いた後、在来線に乗り換えて40分ほどで最寄り駅の鳴子御殿湯駅に到着しました。

駅はこんな感じで、ちょっと歴史がありそうな感じです。

 

f:id:toshiki5911:20180726124223j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124212j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124233j:plain

 

鳴子御殿湯駅から車で5分もかからないところに、旅館大沼はあります。

 

f:id:toshiki5911:20180726131750j:plain

 

ロビーも雰囲気のある感じです。

 

f:id:toshiki5911:20180726124203j:plain

 

チェックイン中はロビー横の待合スペースで女将さんが入れてくれた抹茶を飲みながらリラックスして待っていました。

 

f:id:toshiki5911:20180726125047j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124153j:plain

 

旅館大沼のお部屋

予約した部屋は、和室のお部屋です。

広さは8畳前後あり、家族3人で川の字で寝ても十分なくらいの広さでした。

 

f:id:toshiki5911:20180726124414j:plain

 

階数は2階でした。

洗面所は部屋にありましたが、トイレとお風呂(温泉)は共同となっていました。

また、お部屋にはこんなおもてなしがありました↓

 

f:id:toshiki5911:20180726124356j:plain


とても美味しいお菓子でした!

部屋の鍵も面白いキーホルダーについていました。

 

f:id:toshiki5911:20180726124346j:plain

 

旅館大沼の離れにある露天風呂!

旅館大沼では、ちょっと(車で1分)離れたところに貸し切り露天風呂があります。

そこには旅館の方が車で連れて行ってくれ、帰りも30分後にお迎えに来て旅館まで連れて帰ってくれます。

旅館からは、下駄をはいて行きます!

 

f:id:toshiki5911:20180726124646j:plain

 

車で1分行くと、そこには離れの温泉がありました。

 

f:id:toshiki5911:20180726124335j:plain

 

門を開けて入ると、何やら小屋らしきものが。

 

f:id:toshiki5911:20180726124321j:plain

 

母里の湯とあります。

ここが旅館大沼の離れの温泉になります。

 

f:id:toshiki5911:20180726124732j:plain

 

小屋に入ると脱衣所があり、すぐそばに露天風呂があります。

 

f:id:toshiki5911:20180726124719j:plain

 

ただし、ここには洗い場がありませんので、温泉に入ることだけが目的になります。

露天風呂はとても気持ち良かったですが、夏は虫(特に蚊)に注意してください。

虫よけスプレーをしてくるのがベストです!

 

f:id:toshiki5911:20180726124710j:plain

 

この他、旅館の中にも、1階に大浴場および足湯、4階には2つの温泉(陽の湯、陰の湯)に入ることができます。

1階の足湯、4階の2つの温泉にも入りましたが、気持ちよかったです!

ただし、どれも(特に4階の温泉は)窓が開け放しになっているので、虫に注意してくださいね(笑)

 

旅館大沼の夕食

旅館大沼では宴会場で各家族毎にコース(和食)の夕食が味わえます。

 

f:id:toshiki5911:20180726124909j:plain

 

今回私たちは父・母・祖母合わせて家族で宿泊しましたので、総勢7人の夕食です。

今回頂いた夕食はこちら。

 

f:id:toshiki5911:20180726124859j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124847j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124837j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726124821j:plain

 

品数はかなり多く、ボリュームもたくさんありますので、食べ過ぎには注意してください。

最後にご飯とお味噌汁が出て、シメとなりました。

子供にはエビフライなどのメニューを揃えた、子供用の食事も用意して下さり、私の娘もとても喜んで食べていました。

 

旅館大沼の朝食

旅館大沼では、夕食時と同じく大宴会場で和食の朝食が味わえます。

今回頂いた朝食はこちら↓

 

f:id:toshiki5911:20180726125058j:plain

 

 

f:id:toshiki5911:20180726125108j:plain

 

納豆、焼き魚、温泉卵などどれもご飯に合って美味しかったです!

 

旅館大沼の良いところ・悪いところ 

今回は旅館大沼に宿泊しましたが、良いところも悪いところもありましたので、まとめておきます。

①旅館大沼の良かったところ

  • 料理がおいしかった
  • お風呂(特に離れの露天風呂)が最高、気持ちよかった
  • 就寝中に飲む冷たいお水を用意してくれた(地味に高ポイント)
  • 鳴子御殿湯駅から近い(徒歩圏内)
  • お風呂(温泉)が館内・離れ合わせてたくさんある(1泊ですべて入るのは難しいかも)

②旅館大沼の悪かったところ

  • レジャーはない
  • 移動は車がないとツライ
  • 温泉は虫に注意

 

東鳴子温泉は田舎ですので、車がないと動きづらいですね。

 

東鳴子温泉の周辺観光・街並みについて

折角なので、旅館の周りをちょっと散歩してみました。

 

f:id:toshiki5911:20180726125029j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726125017j:plain

 

昔は湯治に来るお客さんでにぎわっていたものの、最近ではそういうお客さんも珍しくなり、どんどん温泉街が寂しくなっていると、旅館大沼の方からお聞きしました。

折角の温泉街の街並みが失われ、寂しくなっていくのは残念ですね。

また、車で周辺観光してみました。

観光できるところで言えば、鳴子峡レストハウスで休憩して、遊歩道をハイキングすることもできます。

 

f:id:toshiki5911:20180726131738j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726132405j:plain

 

綺麗な景色を見ることができます。

 

f:id:toshiki5911:20180726132526j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726132538j:plain

 

遊歩道の入り口です。

 

f:id:toshiki5911:20180726132343j:plain

 

森の中を花や植物を見ながら散歩することができます。

途中に小さな川があって、橋がかかっていました。

 

f:id:toshiki5911:20180726132549j:plain

 

f:id:toshiki5911:20180726132353j:plain

 

また、別の場所にはしんとろの湯という公共の温泉もあります。

 

f:id:toshiki5911:20180726131728j:plain

 

しんとろの湯の温泉はとてもとろとろしていて、お肌が本当にすべすべになるお湯でした。

ここの温泉もよかったですね!

 

最後に

旅館大沼は、夕食・朝食が美味しく、露天風呂も最高で、とてもいい旅館でした。

スタッフの対応や気遣いもありがたく、お客の満足度も高い旅館なのではないかと感じています。

東鳴子温泉に来た際には、是非旅館大沼に宿泊してみてはいかがでしょうか。

 

旅館大沼の情報

 

住所:〒989-6811 宮城県大崎市鳴子温泉 34 赤湯

電話番号:0229-83-3052